安くておいしい「真イカ」のさばき方とおすすめの食べ方

「真イカ」というとどんなイカを想像するでしょうか?実は、「真イカ」と呼ばれるイカはたくさんあるんです。今回は複数の真イカのうち「スルメイカ」を取り上げ、さばき方とおすすめの食べ方について紹介します。

真イカのさばき方と料理をマスターしよう!

真イカとは?

「真イカ」とはイカの種類のひとつですが、正式には「スルメイカ」「コウイカ」「シリヤケイカ」「ケンサキイカ」などさまざまな種類のイカの別名です。

なぜこれだけいろんな種類のイカを「真イカ」と呼ぶか。それは、漁獲されるイカのなかでも、地域では特に主要なイカをそう呼ぶからだそう。そのため、地域によってはスルメイカが真イカであったり、コウイカが真イカであったりと違いがあるのです。

スルメイカは普通の落ち着いた状態では白っぽい透明な色をしていますが、興奮状態にあると赤褐色に変化します。

スルメイカの産地は北海道から九州まで日本全国ですが、もっとも漁獲量が多いのは北海道です。

真イカの特徴

真イカ(スルメイカ)は寿命がだいたい1年ほどと短いですが、約27cmから30cm程度には成長するイカです。一般的にメスのほうが大きくなり、オスは小さめです。

スルメイカはイカのなかでも特に低価格の種類なので、食卓に上る機会も多い食材。刺身にして食べたり、煮たり焼いたり、また干物にするのも一般的ですね。

食感はやや硬めでコリコリした歯ごたえが特徴。うまみや甘みは少ないですが、加熱することでうまみが出てきます。

ヤリイカとの違い

ヤリイカと真イカ(スルメイカ)は、見た目がよく似ていますが、ヤリイカの方が甘みが強くやわらかいという違いがあります。

また、ヤリイカと真イカでは分布海域も異なり、真イカが北太平洋各地の海に分布しているのに対してヤリイカは北海道から九州までの水深100mから200mの泥のような海域に生息しています。

パッと見で見分けるポイントは脚の長さです。ヤリイカの方が短いので、それを見て判断してください。

真イカのさばき方

さばき方

イカのさばき方には、刺身にするさばき方と中に詰め物していかめしなどにするさばき方によって違いがあるので両方紹介しましょう。

まずは刺身にする方法から。イカの背を手前に向け、脚の付け根の部分から上に向かった包丁の刃をすべらせて切ります。開いた胴体を持ちながら、脚と内臓をゆっくり引っ張りましょう。そうするとスルッと抜けます。あとは内臓を取り除き、エンペラ(耳)といっしょに皮を剥いて刺身にします。

イカを開かない方法では、まずイカの背に親指を突っ込みます。かなり奥まで突っ込むとぷつんと胴体と内臓が切れるので、あとは反対の手で脚を引っ張るだけでOK。中を洗って皮を剥き、調理しましょう。

真イカの食べ方

お刺身

新鮮な真イカのお刺身は透明感があり、コリコリとした食感がたまりませんよね。胴体の身とげそはまた違った食感です。

イカをそのまましょうゆにつけて食べるのもいいですが、大葉を一緒に巻いて食べるのがおすすめ。さっぱりとおいしいです。

炒め・煮込み料理

真イカは刺身にしても、加熱してもなんでもおいしいイカ。炒め物や煮物にも最適な魚介類です。たとえば、炒め物でいうとイカと野菜のバター炒め、中華炒めなどが簡単です。輪切りにした真イカはパスタの具材にしてもいいですね。

煮物では、真イカだけを甘辛く煮たり、大根などの根菜と一緒に煮込んだり、またはイカの中におこわを詰めたいかめしなんかもいいですね♪

加工品も

真イカ(スルメイカ)といえば、干物ですよね。スルメイカの干物は「あたりめ」とも呼ばれ、お酒のおつまみやおやつに最適な食べ物。完全に乾燥させない真イカの一夜干しなども人気で、ほどよいやわらかさでお酒もすすみます!

調理次第でいろんな食べ方ができる!

特集

SPECIAL CONTENTS