そのまま食べられる?お茶の葉の種類とおすすめの食べ方

今回は、お茶の葉の種類と、おすすめの食べ方をご紹介します。お茶は日本を代表する飲み物ですが、実は知らないことがたくさんあるんです!普段は飲み物として親しまれていますが、食べることもできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お茶の葉の分類って?

日本を代表する飲み物といえばお茶ですよね。お茶はお茶の葉から作られていることはご存じかと思いますが、お茶の葉の分類を知っている人は少ないかと思います。お茶は同じ葉から作られますが、加工方法で種類が変わるのです。
さまざまな種類がありますが、大きく6種類に分けることができます。代表的なのが日本人にとって馴染みの深い不発酵茶です。

ほかにも出物といった種類などもあります。今回は、そんな奥が読み終わるころにはお茶の奥深さをより知ることでしょう。

お茶の葉のおもな種類5つ

1. 緑茶(不発酵茶)

前述した不発酵茶(緑茶)です。蒸す、炒める、煮るなどの熱を加えることで酸化酵素の働きを止めて作られています。

名前の通り発酵が行われていないため、茶葉の鮮やかな緑色が残ります。なので、緑茶はとてもきれいで、ほかでは出せない緑色があり、そのイメージがみんなに浸透されているのですね。

2. 半発酵茶

半発酵とあるように、発酵をある程度行ったあとに熱を加え、酸化酵素の働きを途中で止めて作られるお茶です。位置づけとしては緑茶と紅茶の中間で、ウーロン茶などが代表としてあげられます。

3. 発酵茶

紅茶と言われる部類です。発酵を十分に行ってから作られるお茶で、果物や草花などの香りや芳醇な味わいが特徴。おもな産地としては、インド(ダージリン、アッサム、ニルギリ)、スリランカ(ヌワラエリヤ、ディンブラ、ウバ)、中国(キーモン)などがあります。

4. 後発酵茶

黒茶と言われるもので、日本よりも中国でより一般的に親しまれています。茶葉を加熱して酸化酵素の働きを止めたあと、乳酸菌や酵母などの微生物をもちいて発酵させたお茶で、有名なものとしては中国のプアール茶などがあります。

5. 出物

煎茶や玉露の製造工程で生じる副産物を利用して作られる出物のお茶のことです。ランクが低く見られがちな緑茶の種類ではありますが、なかには玉露などで使う茶葉の副産物を使用している場合もあるので、安価な割に優れた緑茶として人気があるのが特徴です。

緑茶(不発酵茶)の種類7つ

1. 煎茶

煎茶は緑茶のなかでもっともよく飲まれている代表的なお茶です。生葉を熱処理し、葉の形状を整え、水分をある程度までさげて保存に耐えられる状態にすることを荒茶製造と言いますが、蒸して揉んで荒茶を製造するもっとも一般的な製法で作られたお茶を煎茶と呼びます。

2. 深蒸し煎茶

普通の煎茶よりも約2倍の時間をかけて茶葉を蒸して作ったお茶を「深蒸し煎茶」と呼びます。茶葉のなかまで十分に蒸気熱が伝わるため、粉っぽくなりますが、お茶の味や緑色が濃く出ます。水に溶けない有効成分も摂取できるのも特徴のひとつです。

3. 玉露

新芽が2~3枚開き始めたころ、茶園をヨシズやワラで20日間程覆い、日光をさえぎって育てたお茶が「玉露」です。最近は化学繊維で覆うことも多くなっています。光を制限して新芽を育てることにより、アミノ酸からカテキンへの生成が抑えられるので、渋みが少なく、旨みが豊富な味になります。

4. 抹茶

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

りこぴん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう