ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

桂花陳酒って?

「桂花陳酒」は見慣れない名前ですが、中国のお酒です。中華料理屋さんのアルコールメニューやバーなどのカウンター、棚に置いてある黄金色のボトルを見かけたことがある人もいるかもしれません。

一般的な「桂花陳酒」は、白ワインにキンモクセイのお花を3年漬けてできた混合酒のことを言います。古くは、あの楊貴妃が好んで飲んでいたと言われている秘酒でもあり、とても華やかで甘い匂いと風味を楽しめるお酒です。

桂花陳酒にはどんな種類がある?

一般的によく見るのは白ワインベースのもの。ワインにキンモクセイの色が抽出されて、透明感のあるきれいな黄褐色をしているのが特徴です。ただし、商品によって色合いは異なります。ロックやストレートといったシンプルな方法なら、キンモクセイの華やかで甘い香りがダイレクトに楽しめますよ。

また、キンモクセイを赤ワインに漬けた、赤ワインベースの桂花陳酒を酒類製造メーカー『宝酒造』が独自で販売しています。フルーティーな赤ワインと華やかなキンモクセイが香る贅沢な味わいです。

度数や価格は?

アルコール度数は、13〜15%のものが多く、大体ワインと同じくらいの度数です。食前酒やデザートワインとしても楽しめます。

桂花陳酒は、スーパーや酒屋、ドラッグストアでも一部取り扱いがあり、Amazonや楽天などの通販でも購入可能。価格はまちまちですが、お店や通販で取り扱われているほとんどは、大体700〜2,000円で販売されていることが多いです。輸入品や高級な桂花陳酒は、1万円前後するものもあります。

ITEM

宝酒造「桂花陳酒 麗白」

¥723〜

アルコール度数:15% 容量:500ml

※2021年10月6日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

ITEM

宝酒造「桂花陳酒 麗紅」

¥781

アルコール度数:14% 容量:500ml

※2021年10月6日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

おすすめの飲み方

ストレート

その名のとおり、桂花陳酒を原液そのままで飲む方法です。ストレートは、食前酒としても親しまれる桂花陳酒のキンモクセイの香りをふんだんに楽しめる飲み方です。

ストレートで飲むときには、一緒にチェイサーと言われる「お酒を飲んだあとにすぐに飲むお水」を用意して、交互に飲むことですっきりとした喉越しを楽しむことができます。

ロック

桂花陳酒を氷で割ったもの。ストレートで飲むよりも味や香りは薄らぎますが、飲みやすくさわやかな飲み口を楽しむことができます。

大き目で溶けづらい氷を使うオンザロック、そして桂花陳酒と水を同じ分量入れて楽しむハーフロックがあります。初めて桂花陳酒を飲むという人におすすめの飲み方です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ