ライター : かやのゆみこ

AISO(イタリアソムリエ協会)認定オリーブオイルソムリエ

以前は旅の楽しさを伝える仕事、今は地域や食の魅力を伝える仕事に従事。国内外問わず、その土地ならではの食とお酒を味わうのが大好きです!

ハイボールをおうちで楽しもう!

居酒屋でも大人気のハイボール。のど越しがよく、シュワシュワの爽快感がたまらないですよね。ハイボールは、和洋中問わず、どんな料理にも合わせやすいのが特徴です。おうちご飯にもハイボールは合いますよ。

こちらの記事では、おいしいハイボールの作り方やちょっとしたコツをご紹介します。ハイボールに合うウイスキーの銘柄や炭酸水についても、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おいしいハイボールの作り方

ハイボールとは、ウイスキーのソーダ割りのこと。材料は氷とお好みのウイスキーと炭酸水だけです。ハイボールをおいしく作るポイントをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

1. グラスいっぱいに氷を詰める

まず、グラスにぎっしり氷を入れて、冷やします。

2. ウイスキーを適量注ぐ

お好みのウイスキーを適量注ぎましょう。30mlくらいが目安です。

3. ウイスキーと氷をマドラーで混ぜ合わせる

マドラーで混ぜ合わせましょう。氷が小さくなったら、氷を追加するのも忘れずに。氷の量は、グラスの縁からでない程度にしましょう。多すぎると、飲むときに氷が口に当たって飲みにくくなりますよ。

4. 炭酸水をそっと注ぐ

炭酸水は、氷に触れないように、グラスの端からそっと静かに注きましょう。炭酸の気泡をつぶさないためのちょっとしたテクニックです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS