7. アサヒビール「シングルモルト余市」

ITEM

アサヒビール「シングルモルト余市」

¥589,000

内容量:700ml アルコール度数:45%

※2020年11月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
北海道・余市蒸溜所で造られるシングルモルトウイスキー。力強い飲み口ながら、フルーティーな甘さとスモーキーな香りが印象的です。ハイボールにすると重厚さが抑えられ、甘さが引き立つのが特徴。食事にも合わせやすくなり、煮物をはじめ、醤油風味の料理との相性が抜群です。

8. サントリー「白州」

ITEM

サントリー「白州」

¥7,300

内容量:700ml アルコール度数:43%

※2020年11月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
山梨県の豊かな森に囲まれた白州蒸留所で造られるシングルモルトウイスキー。フレッシュな柑橘系の香りと軽やかな飲み口、すっきりとしたキレが特徴です。おすすめの飲み方は、やっぱりハイボール。爽やかな風味が炭酸とともに広がり、森の中にいるような清々しい気分になります。

9. サントリー「ラフロイグ 10年」

ITEM

サントリー「ラフロイグ 10年」

¥4,070〜

内容量:750ml アルコール度数:43%

※2020年11月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ウイスキーの聖地、スコットランド・アイラ島のラフロイグ蒸溜所で造られるモルトウイスキー。スモーキーで深みのある複雑な味わいと、磯の香のような独特の香りが特徴で、アイラモルトファンから熱烈に支持されています。ハイボールにしてもスモーキーさはそのままに、ガツンとくる一杯に。

ハイボールに合う炭酸水を選ぼう

ハイボールを作るときに欠かせないのが炭酸水です。炭酸強度は好みもありますが、炭酸が強いか弱いかによって、ハイボールの味わいやのど越しにも違いがでます。

強度が強めの炭酸水で割ると、キレのある爽快なハイボールを作れます。ただし、マイルドなウイスキーと合わせると、炭酸の刺激ばかりが強く感じられ、ウイスキー本来の風味を消してしまうことも。

強度が強くない炭酸水の場合は、泡自体が繊細なので、口当たりがソフトなハイボールになります。軽やかな飲み口のウイスキーに合いますよ。それでは、おすすめの炭酸水をご紹介します!

1. アサヒ飲料「ウィルキンソン タンサン」

ITEM

アサヒ飲料「ウィルキンソン タンサン」

¥1,025〜

500ml×24本

※2020年11月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
刺激強めの本格炭酸水。炭酸水の定番ともいえる商品です。ストロングなシュワシュワ感が魅力で、しっかりした味わいのウイスキーと一緒に使うのがおすすめです。

2. サントリー「ソーダ」

ITEM

サントリー「ソーダ」強炭酸

¥1,706〜

490×24本入

※2020年11月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ハイボールのために造られた強炭酸ソーダ。お店で味わうような炭酸強めのハイボールを、家でも再現できるようにとの想いが込められています。手軽に、飲み応え抜群のハイボールが作れますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ