憧れのブランデー「ルイ13世」って?味わいや種類・おすすめ5選も

高級酒の代名詞ともいえる「ルイ13世」。いつかは飲んでみたいと憧れる大人は多いはず。世界中から評価されていますが、それには理由があるんです。今回は、歴史や味わい、種類について詳しくご紹介。ルイ13世をさらに楽しめるようになりますよ♪

高級ブランデー「レミーマルタン ルイ13世」とは?

世界を代表する高級ブランデー「レミーマルタン ルイ13世」は、レミーマルタン一族が1874年に初めて作ったコニャックです。

コニャックとは、フランスのコニャック地方で作られるブランデーの一種。そのコニャック地方グランド・シャンパーニュ地区の最高級のぶどうを100%使用しています。1,600年代にフランスのブルボン朝第2代の国王として君臨した「ルイ13世」から名づけられました。

1900年には、史上最高と評された万国博覧会で最大級の賞賛を得ました。その後もエリザベス女王に献上されるなど、100年以上も最高級のブランデーとしての地位を確立いています。

深く芳醇な味わい

美しい琥珀色のルイ13世は1,200種もの原種がブレンドされているので、数百種とも言われる複雑な香りが特徴です。

熟成させる樽は、樹齢100年以上のタンニン豊富なオークだけを使用していて、50~100年も寝かせるため、この樽から出るバニラのような深い香りも楽しめます。

アルコール度数が40%と高いのに、ストレートでも飲みやすいのも魅力のひとつ。フローラルな花や果実、ブラックペッパーやナッツのようなスパイシーな味がバランスよく感じられます。

ルイ13世にはどんな種類があるの?

レミーマルタン ルイ13世

ルイ13世を作ることのできる樽は、フランスのリムーザン地方で育った樹齢100年以上を超えるオークで作られた樽のみです。

その特別な樽で50年から100年以上寝かされたものが原種となり、1,200にもわたる原種を混ぜ合わせて作られるのがルイ13世です。

レミーマルタン ルイ13世 マグナム

マグナムのコニャックは、コニャック地方「グランド・シャンパーニュ」地区の最高級のぶどうを100%使用しているのが特徴です。最大1,200種のコニャックを巧みにブレンドして作られています。

レミーマルタン ルイ13世 ブラックパール

ルイ13世をバカラ社がこの商品のためだけに開発したクリスタルボトルに詰めたもので、全世界でわずか786本しか販売されていないレア商品です。

ボトルが光の加減によってシルバーやブラック、クロムなさまざまな輝きを放ち、その姿がブラックパールを思わせることから名づけられました。

レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールド

その名の通りルイ13世の古酒で、100年以上の熟成を経て作られたものです。ラベルに「VERY OLD」の文字が書かれているのが特徴。

また、パッケージボックスは「クリア」「八角形」などさまざまな種類があります。

レミーマルタン ルイ13世 レアカスク42.6

「レア(希少な)カスク(樽)」で作られたアルコール度数42.6のルイ13世を指します。2009年に、レミーマルタン社の女性セラーマスターによって偶然発見されたそうです。738本しかない世界的に希少な商品です。

レミーマルタン ルイ13世 ダイヤモンドリミテッドエディション

「ルイ13世」のクリスタルボトルのトップ部分に1.3カラットの希少なコニャックカラーのダイヤモンド(鑑定証明書付)を埋め込んだものです。700mlサイズの販売本数は10本、50mlサイズの販売本数は50本の限定商品です。

バカラボトルの商品が人気

「ルイ13世」は、基本的にバカラ製の高級クリスタルボトルに入れられています。丸みのあるボトルに繊細なデザインが施され、ゴージャスな雰囲気。中央にはシンボルであり、「人と自然の調和」を意味するケンタウロスがあしらわれています。

創業者の孫であるエミール・レミーマルタン氏とその息子のポール氏が1903年にシンボルとして選んだそうです。

芸術品のような美しいボトルは、熟練の職人さんしか作れない貴重なもの。そのため、ボトルだけでも高値で取引されるほどの人気なんですよ♪

特集

SPECIAL CONTENTS