スライサーで作る!きゅうりの細切り

Photo by yucchi

スライサーを使えばもっと簡単にきゅうりの細切りを作ることができます。 スライサーは太さの調整ができないのがデメリットですが、手早くたくさんの量を切ることができるのが魅力です♪ スピーディーにサッとできるので、忙しいときはぜひスライサーで作ってみてください!

切り方

1. きゅうりをスライサーで薄切りにする

Photo by yucchi

きゅうりはあらかじめ水でしっかりと洗ってヘタを切り取っておきます。手できゅうりを握り、スライサーに当てて押し付けるようにして薄切りにします。

Photo by yucchi

スライサーを使用すると、薄切りのきゅうりがあっという間にできます!刃で手を切らないように注意しながらおこなってくださいね。

2. 薄切りにしたきゅうりを並べて細切りにする

Photo by yucchi

スライサーで薄切りにしたきゅうりを横にずらすように並べて、包丁で3~5mmほどの幅で細切りにします。細く切ればより柔らかく繊細に、太く切れば食感のあるきゅうりの細切りになります。

きゅうりの日持ちと保存方法

カット前きゅうりの場合

カット前のきゅうりはキッチンペーパーに1本ずつ包んでラップをし、野菜室に立てて保存します。立ててもすぐ倒れてしまう場合は、マグカップや深めのお皿に差し込んでおくのがおすすめです! ビニールに入ったままの状態や、そのままの状態で冷蔵保存すると4~5日ほどしか日持ちしません。しかし、正しく保存することで5~10日ほど日持ちさせることができますよ♪

カットしたきゅうりの場合

細切りしたきゅうりは、空気に触れないようにラップで包んで野菜室で保存します。ラップで包む際は、きゅうりの水分をキッチンペーパーでしっかりと拭き取っておくのがポイントです。 カットしたきゅうりは、切っていないきゅうりよりも傷みやすいため2~3日ほどしか日持ちしません。傷むと柔らかくなってしまうため、切ったきゅうりはなるべく早めに使い切るようにしてくださいね。

編集部のおすすめ