「きゅうりの細切り」をマスター!3つの方法とおすすめ活用レシピ

手間がかかるイメージの強いきゅうりの細切り、コツを掴めば手早く簡単にできるんです♪ 今回は基本のきゅうりの千切りや細切りの方法、スライサーを使用した細切りの方法をご紹介します。いろいろな料理に使えるきゅうりの細切りをマスターしましょう!

2018年11月6日 更新

基本のきゅうりの細切り

細切りにされたきゅうり

Photo by yucchi

「細切り」とは、薄切りにした食材を3〜5mmほどの細さに切った状態のことです。

割と太めなので、きゅうりのシャキシャキとした食感をしっかりと感じることができます。細切りのきゅうりはそのまま食べても、加熱しても食感を失わずに料理を作ることが可能。

冷やし中華やそうめんなどのトッピングにおすすめの切り方です!

切り方

1. きゅうりを斜め切りにする

斜め切りにしている様子

Photo by yucchi

よく洗ったきゅうりを用意し、ヘタの部分を切り落としておきます。きゅうりに対して斜めに包丁を入れ、3~4mmほどの幅で斜め切りにしてください。

2. 切ったきゅうりを並べて細切りにする

細切りにしている様子

Photo by yucchi

斜めに切ったきゅうりをずらしながら横に並べ、3~5mmほどの幅で細切りにします。丁寧にずらして並べることで、きゅうりの太さにムラがでず、均一に切ることができますよ♪

基本のきゅうりの千切り

千切りにしたきゅうり

Photo by yucchi

「千切り」とは細切りよりさらに細く、食材を1〜2mmほどの幅に切った状態のことです。

きゅうりは千切りにすることで、ほかの具材と馴染みやすくなるという特徴があります。ほどよいきゅうりの食感を残しつつ、細いのでお子さんでも食べやすい切り方です。

バンバンジーやサラダなどにすると、よりおいしくいただけますよ♪
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yucchi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう