焼き方

下準備同様、焼き方もとてもシンプル!まずは牛モモ肉の表面を順番に火を通していきます。前後、左右、上下共、同じように焼き目をつけしっかりと火が通ったら、お肉は一旦取り出します。ダッチオーブンのなかを拭き取りきれいにして、そこへ網を入れお肉を置きます。 このときに副菜になるお野菜を一緒に投入し、ダッチオーブンにフタをして加熱します。このときにアウトドアの場合は上に炭を乗せて加熱をしましょう。 加熱時間は約40分ほど。お肉の中心まで温度計を刺し込み、5秒して引き抜いたら、その先端を唇に当てて温度を確かめましょう。少しぬるい状態なら完成!

温度と加熱時間のポイント

アウトドアの場合

鋳鉄製のダッチオーブンを使い、強火でガンガンと調理できるアウトドアの加熱時間は約30分から40分。最初は強火で焼き上げ、徐々に火力を下げていきましょう。焚き火台等を使う場合は、強火で焼いた後、上は中火、下は弱火にすると火がよく通ります。

自宅の場合

熱源やダッチオーブンの素材にもよりますが、だいたいが30分から1時間の加熱時間の目安をになります。5分ごとにローストビーフの上下や左右をひっくり返し火を通したり、強火で20分そのままの状態で加熱して作ることも。お持ちのダッチオーブンの説明書や参考にするレシピを見ながら、どれくらいの加熱時間か、温度はどれくらいが適切なのかを調べてみましょう!

こだわりの味で!おすすめソースレシピ4選

1. さわやかな2種のフレッシュソース

バジルとフレッシュトマトの2種のソースは、香ばしく仕上がったローストビーフの風味との相性抜群!どちらもローストビーフのソースとしてだけではなく、パスタやピザとの相性も◎ さっぱりとした味なので、暑くなるこれからの季節におすすめのソースです!

2. 粒マスタードの風味が食欲をそそる!

ピリリと辛い粒マスタードの風味が食欲をそそるソース。粒マスタード、レモン汁、オリーブオイル、鶏がらスープの素を混ぜるだけでできるかんたんレシピ♪ ローストビーフや付け合わせのローストベジタブル、そしてサラダとの相性抜群!鶏肉や豚肉料理に合わせてもおいしそうなソースです。

3. お肉の旨みも染み込んだ和風オニオンソース

グリルしたローストビーフをアルミホイルに包み余熱で火を通す際に、用意しておいたフライドオニオンをみりんと醤油と一緒にアルミホイルに投入!すると、余熱を通しているあいだに、ローストビーフとの相性抜群の和風テイストのオニオンソースが完成♪ お肉の旨味も活用した、時短レシピです。

編集部のおすすめ