【動画】安い包丁でも研げばスパスパ切れる♫『包丁研ぎ』のススメ!

「いい包丁=よく切れる包丁」なのは間違いないと思います。では、安い包丁が切れないわけではなく、研げば十分よく切れるようになる、ということはご存知ですか?安い包丁でも、自分で研いでいい包丁に近い切れ味にすることができるのです!そこで、ここでは初心者でも出来る包丁の研ぎ方をご紹介します。ご覧下さい。

いい包丁=良く切れる 安い包丁≠切れない

いい包丁はよく切れます。「高い包丁=いい包丁」というわけではないと思いますが、堅さや軽さ、形状が違う様々な種類の包丁があり、その中から料理する人が選んだ、自分がよく作るジャンルの料理に最も使いやすい包丁が一番いい包丁でしょう。そしてそのいい包丁の決め手はやはり「良く切れる」ということだと思います。

「いい包丁=よく切れる包丁」なのは間違いないと思います。では、安い包丁が切れないわけではなく、研げば十分よく切れるようになる、ということはご存知ですか?

安い包丁+研ぐ=良く切れる≒いい包丁

例えば千円で売っているような包丁でも、研げば十分に良く切れるようになります。

逆に、何万円もするような高級包丁でも、研がなければ徐々に切れなくなっていきます。
いくら高いものを買っても、研がなければ結局切れなくなるので、意味がありません。
包丁は、安いものを、自分で研磨して、包丁が減るまで使うのが、一番の節約です。

出典: richsetuyaku.web.fc2.com

安い包丁でも、自分で研いでいい包丁に近い切れ味にすることができるのです!

そこで、ここでは初心者でも出来る包丁の研ぎ方をご紹介します。

包丁の研ぎ方

用意するのは、砥石、ふきん、トレイ、霧吹きです。

砥石は、家庭用の包丁であれば「中砥石」がいいそうです。
まずはトレイに水を張り、砥石を10分ほどつけ込んで水を含ませます。

砥石が含んだ水が研ぐときに摩擦熱を抑え、包丁の滑りをよくするんだそうです。
10分つけたら、砥石が滑るのを防ぐために舌にふきんを敷いて砥石を置いて下さい。

包丁は大体45°の角度で研ぎます。両刃の包丁の場合、一度に全体を研ぐのは難しいので、「先」「真ん中」「アゴ」の3カ所に分けて研ぎます。
研ぐ時の姿勢は、利き手の親指で包丁のアゴを抑え、逆の手でそっと刃をおさえます。

このとき、包丁を大体10円玉が2枚入るくらいの角度に傾けて下さい。
姿勢を整えたら、まず刃先から研いでいきましょう。

刃先は曲線になっていて難しいので、狭い範囲で研ぎます。前後に20回ほど研ぎましょう。
真ん中も同じように20回。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tanukimaru

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう