長所と短所を知って使い分け!セラミック包丁の研ぎ方と上手に使うコツ

安価な割に切れ味がいいセラミック包丁。かけやすいなどの理由から敬遠している人もいるようですが、実のところ、かなり使えるアイテムなんですよ。上手に使うポイントは、長所と短所、研ぎ方などを理解し、使いどころを間違わないこと。

セラミック包丁とは

刃の部分が白い包丁を見たことがありませんか?それがセラミック包丁。呼称のとおり、刃の素材にセラミックが使われている包丁です。

最大の特長は、見た目からは想像もつかない切れ味の良さ。これはセラミックというとても硬い素材を使用しているからこそですね。加えて、その切れ味が長期間持続します。

最近では刃の部分にイラストや柄がプリントされたポップなものが増えていて、売り上げが伸びているそうですよ。

セラミック包丁を使うメリット

そんなセラミック包丁を使うメリットはいろいろとあります。まず、しつこいようですが切れ味がいい。薄刃なのでトマトやタマネギもスパスパ切れますし、お肉やお魚のスライスだって簡単です。

また、金属製の包丁よりもはるかに軽量なので、長い時間使い続けても手に負担がかかりません。ふだん金属の包丁ばかり使っている人ははじめ違和感を覚えるかもしれませんが、使うほど良さがわかってくるはず。

さらに、食材に金属臭がつかない点も長所。お刺身などを切ったあとの金気が嫌だという人にはセラミック包丁が向いています。

メンテナンスも簡単で、酸やアルカリで劣化しないのでレモンやオレンジを切ってもサビませんし、食器洗浄機で洗うこともできます。加えて、抗菌タイプの製品を選んで買えば、多少お手入れをさぼったとしても清潔な状態を維持しながら使い続けることができるでしょう。

セラミック包丁のデメリット

セラミック包丁にたくさんの長所があることはわかったと思いますが、その一方で短所もあります。敬遠しているという人は、こちらのイメージが強いのでは。

硬い!でもかけやすい

まず、硬いからこそというべきか、衝撃に弱いという短所があります。どれくらいかというと、「水を切ろうと包丁を振ったら食器に当たって刃こぼれしてしまった」なんてことがふつうに起こるほど。素材としての弾性が乏しいのです。

とはいえ、最近ではそうした点が改善された商品も登場している模様。たとえば株式会社京セラのセラミックナイフは、セラミックにしなりを与えることでそうした弱点が多少なり改善されています。

硬いもの、大きいものは苦手

刃に粘りがないので、硬いものを切ろうとすると折れてしまうことがあります。たとえばカボチャやトウモロコシの芯などを切るときは注意が必要。はっきりいって、ほかの包丁を使った方が安全です。

また、セラミック包丁には刃渡り18cm程度の薄刃のものが多いので、スイカや冬瓜などの大きな食材は切りづらく、向いていません。

大切なのは使い分け

以上で説明したように、セラミック包丁の短所のほとんどは軽さと弾性のなさに起因しています。明確な弱点があるので、金属製三徳包丁のようなオールマイティに使えるものと同じようには考えない方がよいでしょう。

では、どうすればセラミック包丁を上手に使いこなせるのか。使いどころを分けてしまえばいいのです。やわらかい野菜やお肉、魚などはセラミック包丁で切り、硬いもの、重いものには金属製の包丁を使う。それぞれの包丁の長所を生かして下ごしらえする。これが頭の良いやり方です。

セラミック包丁の研ぎ方

長切れのするセラミック包丁ですが、長く使っていればだんだん磨耗していきます。ただ、セラミックはとても硬い素材なので、ふつうの砥石では研ぎ直しができません。

大抵の場合有償ですが、各メーカーが研ぎ直しのサービスを行っているので、特に急いでいないのであれば、そちらを使いましょう。刃の状態にもよりますが、ほぼ新品同様の切れ味が戻ります。

また、自分でお手入れしたいという方は、家庭用のダイヤモンドシャープナーを用意してください。特に電動のものは簡単に研ぎ直しできておすすめです。

ホームセンターのDIYコーナーへ行けばダイヤモンドの砥石を購入することもできますが、その際は#1200以上のものを選ぶこと。目の粗いものでは刃がボロボロになってしまう恐れがあるのでご注意を。
ただし、大きくかけてしまえば、メーカーのサービスを利用したとしても元の状態には戻りません。ですから、セラミック包丁を使うときは刃こぼれに十分注意すること。これを意識しつつ、食材ごとに金属製包丁と使い分けて、その切れ味を上手に生かしてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS