ライター : noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われます^^;

実はたくさんの種類がある包丁

包丁には多くの種類がありますが、大きく分けますと「和包丁」「洋包丁」「中華包丁」の3つに分かれます。

和包丁

和包丁は用途別に多種な包丁がありますが、野菜を切るのに最適な「薄刃包丁」、魚をおろすときに使う「出刃包丁」、刺身をつくるときにいい「柳刃包丁」などあります。

洋包丁

洋包丁は種類が和包丁と比べると少ない分、多用途に使用されます。肉も魚も切りやすい「生刃」が代表的なものです。パンを切るための「パン切り包丁」、小型の「ペティナイフ」も有名ですよね。

中華包丁

中華包丁は刃の形が四角く、薄切り・ぶつ切りをこれ一つでできる便利な包丁です。

三徳包丁

一人暮らしを始めたときなどにまず買いそろえるといいのが「三徳包丁」です。和洋の包丁の長所を取り入れた、いわばいいとこどりの包丁なんですね。これ一つあれば、肉・魚・野菜も切ることができますから便利です。

どんな材質を選べばいいの?

包丁の素材では「鋼」(はがね)と「ステンレス」が一般的です。鋼は切れ味がすぐれていて、砥石でもとぎやすいです。対してステンレスは、切れ味の劣化などもあるようですが、そのかわり錆びづらく使いやすいというメリットがあります。値段もそれこそピンからキリまでありますので、予算にあったものを購入しましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS