覚えておこう!包丁の種類と基本的な使い方のまとめ

普段なにげなく使っている包丁ですが、意外と知っているようで知らないことがあるかもしれません。包丁の種類や、基本的な使い方のテクニックなどご紹介しますので参考にしてみてくださいね。これで料理の効率がアップするかも?

2016年2月19日 更新

実はたくさんの種類がある包丁

包丁には多くの種類がありますが、大きく分けますと「和包丁」「洋包丁」「中華包丁」の3つに分かれます。

和包丁

和包丁は用途別に多種な包丁がありますが、野菜を切るのに最適な「薄刃包丁」、魚をおろすときに使う「出刃包丁」、刺身をつくるときにいい「柳刃包丁」などあります。

洋包丁

洋包丁は種類が和包丁と比べると少ない分、多用途に使用されます。肉も魚も切りやすい「生刃」が代表的なものです。パンを切るための「パン切り包丁」、小型の「ペティナイフ」も有名ですよね。

中華包丁

中華包丁は刃の形が四角く、薄切り・ぶつ切りをこれ一つでできる便利な包丁です。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう