覚えておこう!包丁の種類と基本的な使い方のまとめ

普段なにげなく使っている包丁ですが、意外と知っているようで知らないことがあるかもしれません。包丁の種類や、基本的な使い方のテクニックなどご紹介しますので参考にしてみてくださいね。これで料理の効率がアップするかも?

実はたくさんの種類がある包丁

包丁には多くの種類がありますが、大きく分けますと「和包丁」「洋包丁」「中華包丁」の3つに分かれます。

和包丁

和包丁は用途別に多種な包丁がありますが、野菜を切るのに最適な「薄刃包丁」、魚をおろすときに使う「出刃包丁」、刺身をつくるときにいい「柳刃包丁」などあります。

洋包丁

洋包丁は種類が和包丁と比べると少ない分、多用途に使用されます。肉も魚も切りやすい「生刃」が代表的なものです。パンを切るための「パン切り包丁」、小型の「ペティナイフ」も有名ですよね。

中華包丁

中華包丁は刃の形が四角く、薄切り・ぶつ切りをこれ一つでできる便利な包丁です。

三徳包丁

一人暮らしを始めたときなどにまず買いそろえるといいのが「三徳包丁」です。和洋の包丁の長所を取り入れた、いわばいいとこどりの包丁なんですね。これ一つあれば、肉・魚・野菜も切ることができますから便利です。

どんな材質を選べばいいの?

包丁の素材では「鋼」(はがね)と「ステンレス」が一般的です。鋼は切れ味がすぐれていて、砥石でもとぎやすいです。対してステンレスは、切れ味の劣化などもあるようですが、そのかわり錆びづらく使いやすいというメリットがあります。値段もそれこそピンからキリまでありますので、予算にあったものを購入しましょう。

普段のメンテナンスで長持ち

丈夫な器具に見えて実は繊細なものである包丁ですから、メンテナンスを怠らないようにしましょう。包丁を使うときに気を付けたいのが「水につけたままにしておかない」ということです。切れ味が鈍くなってしまいますので要注意。洗ったらすぐふきんで水気はとってくださいね。

またできれば包丁は定期的に砥石でといだほうがいいので、自分でとぐのは難しい場合、プロにお願いするのもいいでしょう。研磨することで生まれ変わったような切れ味になるはずです。

包丁の基本的な使い方について

「垂直」に動かすより「水平」に動かす

結構多いケースが包丁を垂直に動かして切っているというもの。この切り方ですと上から押さえつけるようになって食材が美しく切れません。包丁は手前に引く、あるいは向こうに押し出すようにして前後・水平の動きで使うといいでしょう。

おでんの大根には「隠し包丁」を!

おでんの大根のように大きいまま食材を煮込む場合、隠し包丁を入れておくとベスト。味のしみこみ方がかなり違ってくるんだとか。厚さの3分の1程度をめどにして、片面十字に切れ込みを入れましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS