楽々切れる!手に馴染むおすすめブレッドナイフ(パン切り包丁)9選

持ちやすくて、キレ味の良いブレッドナイフ(パン切り包丁)は、パンライフを楽しむための必需品!今回は簡単な選び方のコツと、お洒落で人気のナイフをまとめました。グリップの形や刃型など各商品の特徴を紹介します。欲しい商品がきっと見つかりますよ。

2019年7月19日 更新

「ブレッドナイフ(パン切り包丁)」とは?

「ブレッドナイフ」とはその名の通り「パン切り包丁」。これがあればパンをつぶさずキレイにカットすることができるので、ぜひ1本はもっておきたいところです。今回はおすすめのおしゃれなブレッドナイフと選びかたをご紹介します。みなさんもぜひ、お気に入りを見つけてみてくださいね。

「パン切り包丁」の種類と選び方

波刃(ギザギザ)のブレッドナイフ

ブレッドナイフの定番は「波刃(ぎざぎざ)」のタイプ。のこぎりのように、ざっくりと切れ味よくパンを切ることができます。食パンのようなやわらかいパンや、フランスパンのような固いパンも楽に切ることができるので、幅広くいろんなパンをカットしたい方には、こちらのタイプをおすすめします。

平刃のブレッドナイフ

あまり出回っていませんが、平刃のパン切り包丁もあります。平刃のパン切り包丁のメリットは、パンくずがでないこと、そして研ぎ直しができることです。特に研ぎ直しができるというのは、長く使いたい方にとっては、選ぶ際の大きなポイントになるのではないでしょうか?こちらは特にやわらかいパンを切るのに向いているので、食パンややわらかいパンをよく食べる方におすすめです。サンドイッチ作りにもこちらが向いています。

それでは、これからおすすめのブレッドナイフをご紹介します。

1. MORINOKI「パン切り」

「MORINOKI パン切り」は、独自の2種類の波刃が特徴になっています。切れ味がいいので、どんなパンでも切りやすく薄めのスライスも美しく仕上がります。木のマークもかわいいですね。

1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう