柄の素材を確認

固いパンを切るときは、持ち手をしっかりと握らなければなりませんよね。怪我をしないためにも、柄の素材選びは重要です。柄の素材には、樹脂製、木製製、ステンレス製の3種類があります。樹脂製は、軽量ですべりにくい加工がされている素材です。また、木製は長時間握っても、やわらかい握り心地で疲れません。頻繁に使う人には、お手入れが簡単なステンレス製がおすすめです。

それでは、これからおすすめのパン切り包丁をご紹介します。

使いやすい! おすすめパン切り包丁15選

1. 下村工業「ヴェルダン パンスライサー」

ITEM

下村工業 ヴェルダン パンスライサー

¥1,226〜

・サイズ:全長34.5cm、刃渡り22.5cm ・重量:110g ・材質:モリブデン鋼 ・柄の素材:ステンレス

※2021年6月1日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
「ヴェルダン パンスライサー」は、使い勝手抜群でお手頃。柄と刀身の接合部は、継ぎ目のない一体形になっています。食器洗浄機にも対応しているため、汚れが落ちやすく、衛生的。切れ味と持続性に優れているのでプロにも愛用されています。

2. 藤次郎「パンスライサー」

ITEM

藤次郎 パンスライサー

¥1,287〜

・サイズ:全長約37.5cm、刃渡り約23.5cm ・重量:約110g ・材質:ステンレス ・柄の素材:自然木

※2021年6月21日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
 藤次郎の「パンスライサー」は、パンの形をキープして、切り口を美しくカットできるパン切り包丁です。刀身には、焼き入れすることで強度を上げたステンレスを使っています。サビに強く、切れ味が長持ちすることが特徴。

3. 貝印「関孫六 わかたけ パン切りナイフ」

ITEM

貝印 関孫六 わかたけ パン切りナイフ

¥1,613〜

・サイズ:全長33.8cm、刃渡り21cm ・重量:82g ・材質:ステンレス ・柄の素材:ナイロン、ポリプロピレン

※2021年6月4日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
関孫六は、伝統の刀剣造りの技術によって実現した、芸術品のような美しさと素晴らしい切れ味が魅力のブランド。そのなかで、「わかたけ パン切りナイフ」は、サビに強いハイカーボンステンレス刃物鋼を使用している丈夫なパン切り包丁です。食器洗い機にも対応しています。

4. ヘンケルス「HI スタイル ブラックパンナイフ」

ITEM

Henckels(ヘンケルス)HI スタイル ブラックパンナイフ

¥1,930〜

・サイズ:全長31cm、刃渡り20cm ・材質:特殊ステンレス刃物鋼 ・柄の素材:ポリプロピレン樹脂

※2021年6月21日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ヘンケルスは、食器洗い機や乾燥機で洗えるので、お手洗いが簡単。「HI スタイル」シリーズは、人間工学に基づいた握りやすい形が特徴です。手にフィットして、しっかりと持つことができるため、安全に使えます。刃の部分は、耐久性に優れ、長く愛用できるひと品です。

5. ブラックアンドデッカー「電動ブレッド&マルチナイフ」

ITEM

BLACK+DECKER(ブラックアンドデッカー) 電動ブレッド&マルチナイフ

¥3,080

・サイズ:全長46cm、刃渡り18.5cm ・重量:700g

※2021年6月21日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
「電動ブレッド&マルチナイフ」は、硬いフランスパンややわらかい焼きたてパンが2枚刃でスイスイ切れる電動のパンきり包丁です。サンドウィッチや巻き寿司、デコレーションケーキも、美しい断面でカット。高速で2枚の波刃が交互に動き、食材が揺れることがないため、キレイに切ることができます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ