3. 覚えておきたいおふくろの味「鰆の煮付け」

水を使わずにお酒と調味料で煮ることで、柔らかな身を、さらにふっくらとした仕上がりにしています。生姜をきかせた濃い目の味付けがクセになって、次から次へと箸が進んでしまいそう。薄味がお好みの方は、調味料の量で調整してみてくださいね。時間があるときは一度冷ましておいて、味をより深くまで染み込ませてもおいしいです。

4. やさしい甘さと酸味でサッパリ食べる「鰆の梅みぞれ煮」

香ばしく焼き付けた鰆を、大根おろしと梅でサッパリ煮上げます。おだしを吸い込んだ大根おろしは甘みがあって、鰆と一緒にお口のなかでホロホロに。梅の風味は、お魚特有の匂いを気になりにくくもしてくれます。 使う梅干しによって味の濃さが変わってしまうことがあるので、必要に応じて甘みや塩気を調節してくださいね。

5. 旨味がキュッ「鰆の酢〆」

サバ・コハダ・サンマなどの定番調理法である酢〆は、鰆にもおすすめの調理法です。ほかの青魚よりもクセが少なくて食べやすく、身が柔らかいのでトロにも近いような、ほぐれる口当たりになります。新鮮なものが手に入ったら、ぜひ試してみてはいかがでしょう♪ 浅めに漬けたときはワサビ醤油・しっかり漬けたときはワサビだけ、など漬かり具合に合わせて添える調味料や薬味を変えてみてくださいね。

パンやワインにも◎鰆の洋風レシピ5選

6. 香り豊かでクリーミー「鰆とブロッコリーのクリーム煮」

ニンニクや白ワインの風味が香る、鰆のクリーム煮です。生クリームと牛乳のスープで煮るため、濃厚な味わいのひと品になっています。煮汁の白・ブロッコリーの緑・プチトマトの赤と、色合いもキレイ♪ ごはんにもパンにも合わせやすい便利なおかずで、フライパンでササッと作ることができるのも助かります。

7. 日頃の野菜不足が気になる方にも◎「鰆のソテー野菜ソース」

パッと見ると普通のトマトソースに見えますが、たくさんの種類のお野菜から作られる、栄養満点の野菜ジュースを使ったソースをかけています。ニンニク・ベーコンも入っているので、旨みや食欲を誘う香りも◎コース料理のメインでも出てきそうな、オシャレな盛り付けもステキですね。

8. 〆の料理もお楽しみ「鰆のアクアパッツァ」

意外と簡単に作れるのに、おもてなしやホームパーティーで主役にもなれる華やかなお料理「アクアパッツァ」。大ぶりの鰆の切り身と、ゴロゴロ入ったイカ・エビ・アサリが豪華ですね。 魚介類と野菜の旨みが溶け込んだスープも絶品なので、多めに残ったときはリゾットやスープパスタ・シーフードカレーなどにリメイク!無駄なく最後までおいしく食べることができますよ♪
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ