提供 ボルドーワイン委員会

ハロウィンにつくりたい「3種の最中」

「3種の最中」のレシピと作り方を動画でご紹介します。紫いもあんと白玉、ヨーグルトクリームとあんぽ柿、塩を効かせた黒ごまと竹炭のアイスクリームの3種を、最中のにたっぷり挟みました。お茶だけでなくワインにも合う、おしゃれな和菓子です。

ハロウィンパーティにぴったりな大人の和菓子

人気インスタグラマーのユータさん(@yutaokashi)さんに、ワインに合う大人のハロウィンスイーツを考案してもらいました。

今回は、世界最高峰のワイン産地・ボルドーのカジュアルなロゼ・ワインに合わせて、和洋の食材を組み合わせた3種類の最中のご提案です。

材料(3〜4人分)

  • <紫いもきんとんと白玉の最中>
    • 最中の皮8枚(4枚)
    • 紫いも1本(250g)
    • 砂糖40g
    • メープルシロップ20g
    • 120cc
    • 白玉適量
  • <あんぽ柿と水切りヨーグルトクリームの最中>
    • 最中の皮8枚(4枚)
    • あんぽ柿2つ
    • ヨーグルト400g
    • 生クリーム110cc
    • グラニュー糖15g
  • <黒ごまと竹炭のアイスクリーム最中>
    • 最中の皮8枚
    • 卵黄3個
    • はちみつ大さじ1杯
    • 砂糖30g
    • 牛乳270cc
    • 生クリーム(動物性45パーセント以上)110cc
    • 黒ごまペースト40g
    • 竹炭パウダー小さじ1/2杯
    • 白ごま適量
    • 自然塩適量

下ごしらえ

・紫いもは皮をむいてアク抜きし、レンジ600Wで8分ほど加熱して熱いうちに裏ごしします。
・あんぽ柿は半分に切ります。
・ボウルとざるを用意し、ペーパータオルを敷いて、ヨーグルトを入れて冷蔵庫で2時間〜一晩かけて水を切ります。

作り方

1

「紫いもきんとんと白玉の最中」を作ります。裏ごしした芋を鍋に入れ、真ん中をあけてそこに砂糖と水を半量づつ入れて中火で火にかけ溶かします。溶かしきったら弱火にし、メープルシロップと残りの砂糖と水も加えムラなく艶が出るまで絶えず混ぜ、火を止めます。

2

最中に①を詰め、白玉を乗せたら
「紫いもきんとんと白玉の最中」の完成です。

3

「あんぽ柿と水切りヨーグルトクリームの最中」を作ります。ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れて泡だて、持ち上げた時に角が折れる程度までゆるく泡立てます。ここに
水切りヨーグルトを加え、混ぜ合わせます。

4

最中に半分に切ったあんぽ柿とヨーグルトクリームを乗せたら「あんぽ柿と水切りヨーグルトクリームの最中」の完成です。

5

「黒ごまと竹炭のアイスクリーム最中」を作ります。ボウルに卵黄とはちみつ、砂糖を白っぽくなるまで混ぜ合わせます。

6

鍋に牛乳と生クリーム、黒ごまペーストを入れ溶かし、中火にかけます。鍋の周りがふつふつと湧いてきたら火を止め、竹炭パウダーを入れて溶き、1のボウルへとゆっくり注ぎ混ぜ合わせます。

7

ステンレス製の保存容器に流し入れ、冷凍庫で冷やし固めます。※途中でフォーク(あれはハンドミキサー)などでかき混ぜて空気をたっぷり含ませる。

8

最中に竹炭アイスクリームを乗せ、白ごまと自然塩をお好みの量ふりかけたら「黒ごまと竹炭のアイスクリーム最中」の完成です。

コツ・ポイント

紫いもきんとんは、艶が出るまで絶えず混ぜ続けることで舌触りのよいなめらかな食感に仕上がります。黒ごまアイスは市販のものに竹炭パウダーを混ぜたもので代用可能ですが、手作りすると濃いごまの味わいになりおすすめです。

ハロウィンはボルドーワインで楽しもう

高級ワインのイメージがあるボルドーワインですが、実はお手頃価格のものもあるんです。

日本で流通する小売価格1,000~4,000円(税込)のボルドーワイン計464本から、日本のワインシーンをリードする若きテイスター5名が選んだ「バリュー」を感じる100本が「バリューボルドー」。

今回選んだ「ボルドーロゼ シャトー ド ルーケット 」(¥1,609)は、ほどよい厚みと酸が心地よいロゼワイン。柿や紫いもの秋の香りと合わせると絶妙なハーモニーが楽しめます。

「バリューボルドー」のサイトを参考に、お気に入りの1本を見つけて、さまざまなシーンで気軽にボルドーワインを楽しんでみてくださいね。
▼おつまみにも最適なスイーツのレシピ

特集

SPECIAL CONTENTS