1. 氷、フィルター、コーヒーの粉をセットする

サーバーの3杯分の目盛りまで氷を入れます。ドリッパーにフィルターをセットし、3杯分のコーヒーの粉(30g)をのせます。お湯が均一にかかるように、コーヒーの粉は平らにならしておきましょう。

2. コーヒーの粉を蒸らす

コーヒーの粉の表面にのせるイメージでやさしくお湯をしみ込ませます。30秒ほどそのまま置き、蒸らします。

3. お湯を注ぐ

ケトルで小さな円を描くようにお湯を注ぎます。注いだお湯が落ちきるまで待つと表面に浮いた白いアクまで抽出してしまうので、落ちきる前に次のお湯を注ぎましょう。 サーバーの目盛りまでコーヒーが抽出できたら、お湯が落ちきる前にドリッパー部分を外します。サーバー全体を軽くまわして濃度を均一にしたら完成!

おいしく仕上げる3つのコツ

コツ1:氷はできるだけクリアで大きなものを

氷は、ロックアイスほど大きいものだと濁らずきれいに仕上がりやすいです。クリアな氷だとよりおいしくいれられるので、こだわる際はスーパーなどで買うのも良いですね。

コツ2:お湯は沸騰してから30秒待って

お湯の温度は90〜96℃くらいがよいのですが、計るのも大変ですよね。沸騰してから30秒程置いたお湯がちょうど良いでしょう。

コツ3:コーヒー豆に迷ったら「アイスコーヒー用」を

アイスコーヒー用と書かれた豆は、アイスコーヒーに合う産地のものが使われているので、迷ったらぜひ選んでみてください。自分で豆を選ぶ際は、バランスのとれたラテンアメリカ産か、フルーティーな酸味があり爽やかな味わいのアフリカ産の豆がおすすめです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ