コーヒー愛好家へ♪ おいしいコーヒーの淹れ方と重要なポイント

今回は、基礎的なコーヒーの淹れ方について紹介します。豆の選び方や保存方法、抽出方法の種類をざっと紹介し、いちばん簡単で一般的なペーパードリップの方法を取り上げています。ぜひおいしいコーヒーの淹れ方をマスターしてくださいね。

コーヒーの淹れ方の前に……

豆の選び方

おいしいコーヒーをどう淹れるか。それは豆の選び方から左右されます。コーヒー豆には、「キリマンジャロ」や「ブルーマウンテン」といったごくごく限定的な地域の豆から「ブラジル」「コロンビア」といった国単位の豆の種類など、大なり小なり種類が分かれます。

単一地域の豆のみを使用したコーヒーは「ストレート」と呼ばれ、コーヒー店オリジナルの配合でブレンドされたものは「ブレンド」と呼びます。

豆の種類、ブレンドによってもかなり種類がありますが、ここから焙煎度合いや挽き方によっても細分化されます。

コーヒーの淹れ方は豆の選び方から焙煎、挽き方によってまったく違った味わいにもなる、ということ。奥が深いですよね。

正しい豆の保存方法

おいしいコーヒーを淹れるには、豆の保存にも気を配りましょう。豆、粉によっても保存方法はいろいろありますが、ここでは豆の状態のものの保存方法について紹介します。

焙煎した状態のコーヒー豆を保存する方法として、ジップロックに入れる、クラフトバックに入れる、購入したチャック付きの袋に入れておく、プラスチックボトルやコーヒー缶に保存する、といったものがあります。

コーヒー缶、プラスチックボトルであれば常温で冷暗所に保存、その他の方法であれば常温・冷蔵保存のどちらでもOKです。

コーヒー豆は温度、水分、紫外線、酸素にキお漬けて保存しましょう。

淹れ方の種類

コーヒーの淹れ方には、ハンドドリップ、コーヒーメーカー、サイフォン、エアロプレス、ネルドリップ、ウォータードリップ、水出しなどさまざまな方法があります。淹れるコーヒーに(挽き方で違う)によっても淹れ方は分ける必要があります。たとえば、トルココーヒー、エスプレッソなどは特殊な方法でコーヒーを抽出するので、特別な機械を使います。

いちばん一般的で初心者にもやりやすいのがハンドドリップ。ペーパーフィルターを使ったペーパードリップです。

おいしいコーヒーの淹れ方

もっとも一般的で、コーヒーメーカーがなくてもおいしいコーヒーを淹れやすく初心者にもおすすめのペーパードリップの方法について紹介しましょう。ペーパードリップは必要な道具も少なく、安価でそろえることができるので入門としてちょうどいい方法です。

必要な道具と材料(1杯分)

必要な道具

・コーヒーカップ(マグカップなどでも◎)
・ペーパーフィルター
・コーヒードリッパー
・ドリップポット(やかんでも◎)

ドリップポットはやかんでも代用できますが、ドリップポットは注ぎ口が細くなっており、コーヒーを淹れやすい形です。あればドリップポットがおすすめです。

材料

・コーヒー(粉)……10gから12g
・お湯……160cc

淹れ方

お湯は85℃から95℃前後が適温です。紅茶は熱湯を注ぐのがいいとされていますが、コーヒーはちょっと時間を置いたくらいがちょうどいい温度。高い温度であるほど味が早く出て苦味が出やすく、温度が低ければ味が出るのが遅く酸味が出やすいという特徴があります。

コーヒードリッパーにペーパーフィルターをセットし、そこにコーヒーの粉を入れます。まずは水分がカップに数的落ちる程度の少量のお湯をそっと粉に回しかけ、粉全体に水分を行き渡らせて蒸らします。蒸らしの時間は20秒程度。こだわる方で2分ほど蒸らすという方もいます。

あとは数回に分け、「の」の字を描くようにお湯を回しかけていきます。1回目が終わったら、フィルターにお湯を注いだ最高位の跡がついているのがわかると思います。2回目以降はこれより上までお湯を注がないよう注意しながら入れましょう。

1杯分のお湯を注ぎ終わったら、フィルターからお湯が落ち切らないうちにドリッパーを外してできあがりです。お湯が落ち切らないうちに外すのは、コーヒーの雑味を出さないようにするためです。

淹れ方のポイント

杯数とコーヒーの分量

1杯分の分量を紹介しましたが、目安は1杯分が10gから15gの間です。2杯目以降はプラス5gで計算してください。2杯分なら20g、3杯分なら25gというように、5gずつ増えていきます。

お湯の量は単純に1杯分を人数でかけた分量でOKです。

アイスコーヒーを淹れるなら

ドリップでアイスコーヒーを淹れる場合は、グラスにたっぷりの氷を入れて熱々のコーヒーを注ぎます。ポイントは、氷を入れる分薄まるので、コーヒーは濃いめにするということ。

1杯分のお湯が150ccとして、粉の分量の目安は25gです。ホットコーヒーよりもかなり濃いめに抽出されます。

1杯だけ淹れるならグラスにそのまま、2杯以上ならポットに抽出し、そこに氷を入れましょう。どちらにしても、氷で急速に冷やすのがおいしさのポイントです。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう