コーヒー愛好家へ♪ おいしいコーヒーの淹れ方と重要なポイント

今回は、基礎的なコーヒーの淹れ方について紹介します。豆の選び方や保存方法、抽出方法の種類をざっと紹介し、いちばん簡単で一般的なペーパードリップの方法を取り上げています。ぜひおいしいコーヒーの淹れ方をマスターしてくださいね。

2018年6月14日 更新

コーヒーの淹れ方の前に……

豆の選び方

おいしいコーヒーをどう淹れるか。それは豆の選び方から左右されます。コーヒー豆には、「キリマンジャロ」や「ブルーマウンテン」といったごくごく限定的な地域の豆から「ブラジル」「コロンビア」といった国単位の豆の種類など、大なり小なり種類が分かれます。

単一地域の豆のみを使用したコーヒーは「ストレート」と呼ばれ、コーヒー店オリジナルの配合でブレンドされたものは「ブレンド」と呼びます。

豆の種類、ブレンドによってもかなり種類がありますが、ここから焙煎度合いや挽き方によっても細分化されます。

コーヒーの淹れ方は豆の選び方から焙煎、挽き方によってまったく違った味わいにもなる、ということ。奥が深いですよね。

正しい豆の保存方法

おいしいコーヒーを淹れるには、豆の保存にも気を配りましょう。豆、粉によっても保存方法はいろいろありますが、ここでは豆の状態のものの保存方法について紹介します。

焙煎した状態のコーヒー豆を保存する方法として、ジップロックに入れる、クラフトバックに入れる、購入したチャック付きの袋に入れておく、プラスチックボトルやコーヒー缶に保存する、といったものがあります。

コーヒー缶、プラスチックボトルであれば常温で冷暗所に保存、その他の方法であれば常温・冷蔵保存のどちらでもOKです。

コーヒー豆は温度、水分、紫外線、酸素にキお漬けて保存しましょう。

淹れ方の種類

コーヒーの淹れ方には、ハンドドリップ、コーヒーメーカー、サイフォン、エアロプレス、ネルドリップ、ウォータードリップ、水出しなどさまざまな方法があります。淹れるコーヒーに(挽き方で違う)によっても淹れ方は分ける必要があります。たとえば、トルココーヒー、エスプレッソなどは特殊な方法でコーヒーを抽出するので、特別な機械を使います。

いちばん一般的で初心者にもやりやすいのがハンドドリップ。ペーパーフィルターを使ったペーパードリップです。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう