ライター : 長曽我部 真未

管理栄養士

学校給食の栄養士として勤務後、食の大切さや楽しさを伝えたいとの想いでフードユニット『ランネ』を結成。熊本のちいさなアトリエで栄養バランスを考えたおいしくオシャレな食卓を提案…もっとみる

動画で見る「クラムチャウダー」の基本レシピ

クラムチャウダーは、イギリス系の人が多いアメリカの東海岸が発祥。クラムチャウダーの「クラム」は二枚貝のことで、日本ではあさりがよく使われています。「チャウダー」は、具だくさんのスープを指します。

材料(2〜3人分)

・あさり……150g ・水……300cc ・酒……大さじ2杯 ・バター……20g ・ベーコン……80g ・ほうれん草……1/4束 ・牛乳……200cc ・塩こしょう……少々 ・コンソメ……小さじ1杯

作り方(調理時間:30分)

1. ほうれん草は4cm幅に、ベーコンは1cm幅にカットします。 2. バットにあさりを重ならないように並べ、水とお湯を同量かけて(分量外)50℃のぬるま湯にします。あさりどうしをこすり洗いし、そのまま5分置きます。 3. もう一度こすり洗いしてぬるま湯に入れ、軽く洗ってザルに上げます。これで砂抜きの完了です。 4. 鍋にあさりと水、酒を入れて沸騰させ、アクを取ってザルに上げます。ゆで汁は取っておきます。 5. 別の鍋にバターを溶かし、ベーコンを入れてさっと炒めます。ほうれん草を加えて炒め、4のあさりとゆで汁を加えて中火で煮ます。 6. 牛乳、コンソメ、塩こしょうを加えてひと煮立ちしたら完成です。黒こしょうをトッピングして召し上がれ♪

作るときのポイント

あさりの汚れがひどい場合はお湯を途中で変え、お湯の中でよくこすり洗いをしてください。お湯が60℃以上になるとあさりが煮えてしまうので、ぬるま湯の温度が50℃前後になるよう注意してくださいね。
【レシピ提供 macaroni】

簡単に作るならあさり缶やむき身を使おう

生のあさりは新鮮ですが、その分砂抜きなどの下処理に時間がかかってしまいますよね。その手間を省きたい!という方は、あさりの缶詰やむき身を使うのがおすすめ。下処理の手間がない分、簡単に短い時間で作れますよ。

ほかの貝でも!クラムチャウダーの人気レシピ5選

1. 豆乳で作るさつまいものクラムチャウダー

Photo by macaroni

牛乳の代わりに豆乳を使ったクラムチャウダーのレシピです。具材にさつまいもを使用しているので、やさしい甘さが口の中に広がりますよ。豆乳は苦手という方でも、このレシピなら飲みやすいはず!

特集

FEATURE CONTENTS