2. チョコレートを混ぜ合わせる

Photo by Raico

きれいなボウルに刻んだチョコレートを入れ、湯せんにかけます。水分が入らないように、ゴムベラで混ぜながら溶かしましょう。

Photo by Raico

湯せんからボウルをはずし、1やナッツ類を加えて混ぜ合わせます。

3. 成型して冷やし固める

Photo by Raico

バットにクッキングシートを敷き、2をスプーンですくって落とします。型に入れたり、アルミカップに入れてもいいでしょう。

Photo by Raico

冷蔵庫で30分ほど冷やし、チョコレートが固まったらできあがりです。

満足なボリューム感♪クランチチョコバーレシピ5選

1. ほんのりスパイスを入れて。ライスパフチョコバー

かる~い食感が特徴的な、ライスパフ(ポン菓子)を使うレシピです。スパイスでほんのりと香りを付ける大人味。ナッツやドライフルーツなどを複数混ぜると、いろいろな食感が楽しめますよ。クッキングペーパーやアルミホイルで巻いておくと、食べるときに手が汚れずに済みますね。

2. ファン必見!ブラックサンダー風チョコバー

根強いファンの多い、有楽製菓「ブラックサンダー」の再現レシピです。ポイントは、ココアクッキーとプレーンクッキーをダブル使いすること。クッキーは少し多めに入れたほうが、ザックザクの食感が楽しめますよ。つい夢中になって食べてしまうおいしさで、 毎日のおやつやちょっとしたプレゼントにもおすすめ。

3. 甘酸っぱい♪ いちご風味のチョコバー

ミルキーなホワイトチョコレートを使うチョコバー。フリーズドライのいちごの甘酸っぱさが効いて、マカダミアナッツとビスケットの「カリッ」「サクサク」な食感が楽しめます。ホワイトチョコレートをコーティングしてひと手間加えると、断面がとてもキュート。いちご好きな方に試してほしいクランチチョコバーです。

4. 手が汚れず食べやすい! アイス風ザクザクチョコバー

ホワイトチョコやフリーズドライのいちごでデコレーションするクランチチョコです。クランチチョコは食べるときに手が汚れてしまいがち。アイス用のスティックを挟んで固めると、手で持ちやすく食べやすいですよ。トッピングをするとゴージャスになって、プレゼントにぴったりです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ