昆布茶で10分漬けるだけ!簡単な浅漬けの作り方

きゅうり、白菜、大根を使った浅漬けの作り方をご紹介します。味付けは昆布茶のみで、漬ける時間も10分もOK!とても簡単に作れるので、あともうひと品ほしいときもオススメです◎キャベツ、かぶ、なすなど、定番食材を使った浅漬けのレシピの紹介も◎

2018年7月20日 更新

漬け方

1. 材料をすべて袋に入れる。

Photo by kii

きゅうり、白菜、大根、昆布茶を、袋に入れます。もみこみますので、厚さがある丈夫のものを使ってくださいね。

2. 袋ごともんで、全体をよくなじませる。

Photo by kii

振ったり、もみこんだりして、全体をよくなじませましょう。

3. 空気のぬいて、10分置く。

Photo by kii

空気をぬいて、密封します。10分ほどおいて、味をなじませましょう。

4. 水気をきって完成!

Photo by kii

10分経ちましたら、水気を切って完成です。

おいしくアレンジもできる♪

Photo by kii

やさしい味つけですので、お醤油を少々かけて食べるのも◎もみこむときに、ショウガの千切り、輪切り唐辛子、ゆず果汁などを加えるのもオススメです。味変したいときは、ごま油をかけてみてください。まろやかなコクと香ばしい香りがたまりませんよ。

保存方法と日持ち

浅漬けは、もともと保存を目的にして作られてはいません。今回ご紹介したレシピも、塩分濃度が高くありませんので保存には適しません。できるだけ作ったその日のうちに食べましょう。遅くても次の日には食べ切るようにしてください。 保存するときは、漬け汁から取り出してから冷蔵庫で保存します。漬け汁に漬けたまま置いておくと、塩辛くなってしまうことがあるので注意してくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS