自分だけの味に♪ 梅サワーの簡単な作り方とアレンジ方法

さわやかな酸味が暑い夏にぴったりの梅サワー。梅酒よりも爽快感があり、すっぱくてアルコール度数は低めなので飲みやすいお酒ですよね。今回は、梅サワーと梅酒の違い、梅サワーシロップを自宅で作る方法、梅サワーのアレンジ方法などを紹介していきます。

2018年11月20日 更新

梅サワーの甘酸っぱいさわやかさにうっとり♪

梅サワーとは

「梅サワー」にはふたつの意味があるのでややこしいですが、お酒としての梅サワーは梅酒とチューハイを合わせたもの。梅酒よりもアルコール度数は低く、大体5%程度です。

もうひとつの梅サワーとは、青梅(熟した梅でもOK)をお酢と氷砂糖で漬け込んだ甘酸っぱい飲み物です。そのまま飲むもよし、サイダーで割ったりお酒と合わせたりと、幅広く使える飲み物。焼酎を使う作り方もありますが、基本的にはお酢だけで漬けるのでノンアルコール。お子様のジュースも作ることができる優れものです。

今回、紹介するのはお酒のほうの梅サワー。アレンジ次第でいろんな楽しみ方ができます。

梅酒との違い

梅酒と梅サワーはとても似ているので、何がどう違うのか、よくわかっていない方も多いのではないでしょうか。

梅酒とは、青梅をリカーで漬けて作るお酒で、度数はかなり高め。ストレート、ロック、ソーダ割りなどで飲みます。一方の梅サワーは、梅酒とチューハイを合わせたものであったり、上で紹介したノンアルコールの梅サワーをスピリッツなどと合わせたカクテルです。

梅酒はそれ自体が独立したひとつのお酒であり、梅サワーは複数の飲料を合わせて作るカクテルということです。

市販でも手作りでも

お酒の梅サワーは「サッポロ」や「サントリー」などのメーカーから商品が出ており、缶で手軽に飲むことができます。すぐ飲みたいのであれば市販の商品がいいですよね。

自分好みの味にしたい場合は、手作りの梅シロップや梅サワーを使って作ることもできます。この場合は梅シロップと炭酸の配合、トッピングなど自由にできるので作るところから楽しめます。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう