ライター : 塚本 晴香

管理栄養士

大学にて栄養学の勉強をした後、調理師専門学校で調理についても本格的に学ぶ。その後、カフェにて勤務し新メニューの開発などにも関わる。現在は、ライターとしてたくさんの人に食べる…もっとみる

生筋子をほぐして、いくらを手作り!

筋子の旬は?

加工されたいくらや筋子は一年中売られていますが、生筋子は手に入る時期が限られます。生筋子の旬は、9月~11月頃頃。その年の気候にもよりますが、10月以降が見つけやすいでしょう。出回り初めから月日が経つにつれて、流通する筋子の卵は、大きく硬くなっていきます。

使いやすい道具で!筋子のほぐし方

40℃のお湯を使う

大きめのボウルに40℃のお湯を張り、塩分濃度4%で塩を溶かします。塩分濃度4%は、お湯500ccに対して、塩大さじ1杯強と覚えておくと便利ですよ。

筋子をお湯に入れて、膜をやさしくしごくと、卵がポロポロとはずれます。すべての卵がはずれたら、お湯を捨てて水を入れ、浮いてきた膜やかすを取り除きましょう。膜やかすが残っていると生臭くなるので、きれいになるまで水を替えながら洗います。洗い終わったら、ざるに上げて水気を切ってください。

新鮮な筋子のほうが一連の作業がしやすいため、なるべく新鮮な筋子を手に入れるのがコツです。

泡立て器を使う

泡立て器でも、筋子はほぐせます。卵が上、膜を下にして、作業台に筋子をのせましょう。泡立て器を筋子に押し当ててつつ横に滑らせて、卵をこそげ取ります。面白いように卵が取れますよ。

すべての卵が取れたら、あとはお湯でほぐすときと同じです。水で洗って膜やかすをきれに取り除き、ざるに上げて水気を切ります。

焼き網を使う

ITEM

パール金属 万能焼きアミ 丸

¥93〜

サイズ:直径24cm 内容量:1枚

※2021年8月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
焼き網を使うのも、筋子をほぐす方法のひとつです。塩分濃度4%の塩水をボウルに張り、ボウルの上に焼き網をのせましょう。焼き網に筋子を押し当てて手前に引くと、はずれた卵が塩水に落ちていきます。

ほかにも、バドミントンのラケットを使う方法があります。ガット(ラケットに網状に張った糸)は弾力があるため、焼き網より卵がつぶれにくいですよ。ただし食品に使うので、新しい清潔なラケットを使用してくださいね。

塩筋子はいくらにできる?

筋子を塩漬けしたものを、塩筋子と呼びます。塩筋子は日持ちがするため、一年中売られています。ただし生筋子とは違い、ほぐしていくらにはできません。

塩筋子は、小さくちぎってごはんのお供にしたり、大根おろしをのせて食べたりしましょう。おつまみにもぴったりですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ