「茶器」でお茶をおいしく♪日本茶・中国茶用セットおすすめ10選

お茶をいただく時に使う「茶器」。陶器や磁器が一般的ですが最近では鉄製やガラス製のものなど、おしゃれなものがたくさん。日本茶用の急須・茶碗から中国茶の蓋付き茶器まで、茶器の種類や選び方とおすすめ茶器セット10選と一緒にご紹介します。

2018年5月16日 更新

茶器セットでお茶をおいしく入れよう!

お茶をいれたり飲む時に使う道具全般を指す言葉として使われ、急須や茶碗、お茶の葉を入れておく茶筒も茶器に当たります。お茶には、日本茶だけでなく中国茶や抹茶などたくさんの種類がありますが、茶器についてもそれぞれのお茶に合ったものがあるんですよ。その中でもクラシックなものやカジュアルなものとその種類は多岐にわたります。

日本茶を入れる茶器

茶器の種類

日本茶をいれるのに用いられる茶器には、茶葉を保管するための筒状容器の「茶筒」、茶葉を計る「茶さじ」、お茶を煮出して茶碗に注ぐ「急須」、飲むのに必要な「茶碗」、茶碗の下に敷く「茶托(ちゃたく)」があります。

一般家庭では省略されたり、スプーンやコースターなどで代用されたりするものが多いですね。きちんとした茶器は、冠婚葬祭や来客時に使われることが多いのではないでしょうか。

抹茶を入れる茶器

日本茶の中でも、抹茶を入れる時にはまた別の茶器が必要となります。お湯を冷ますために使う「湯冷まし」、容器から抹茶をすくって茶碗に入れる「茶筅(ちゃしゃく)」、抹茶を均一にたてるための竹製のブラシ「茶筅(ちゃせん)」など。抹茶を淹れる時に使われる「茶碗」は、深みがありどっしりとした造りが特徴的です。
1 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう