ルイボスティーの煮出し方

煮出しルイボスティーには煮出し用の茶葉を使用しましょう。煮出しの場合は、ミネラルウォーターを使ったとしても加熱でミネラル成分がなくなってしまうので、水道水で構いません。 容量は水1Lに対してルイボスティー茶葉が5g程度です。水出しよりも少ないことに注意しましょう。水だけ先に火にかけ、沸騰したら茶葉を投入します。弱火にしたら、そのまま10分煮出しましょう。 できあがったら茶葉を取り除き、こちらも早めに飲み切るようにしましょう。

ティーバックルイボスティーの淹れ方

お湯出し・水出し

最初に説明した、使い方に注意が必要なティーバック。紅茶や緑茶と同じようにカップにそのまま入れて使うのはNGです。 ティーバックは茶葉を量らなくてもいいためリーフよりも使いやすく便利ですが、お湯出し・水出しどちらでも配分に注意しましょう。また、お湯出しといっても、やはり煮出すのがいいです。

電気ポットで

電気ポットでティーバックを使用する場合、一度沸かしたお湯の中にティーバックを入れて再沸騰させるだけです。保温機能があるポットがおすすめですね。この場合も、水と茶葉の配分には気を付けましょう。 電気ポットは本来お湯を沸かす目的で使うものです。お茶をそこに入れてしまうと茶渋がつくなど、汚れやすくなることは免れません。お茶を淹れるには手軽な方法ですが、あとのお手入れは欠かさずするようにしてください。

やかんで

やかんでティーバックのルイボスティーを淹れる場合、リーフの煮出しときとほとんど同じ手順です。沸騰したお湯にティーバックを入れ、弱火で10分煮出し、あとは蒸らしてできあがりです。やかんの水量に合わせた茶葉の分量を使用しましょう。

ペットボトルで

ペットボトルを使用する水出しルイボスティーはとても手軽です。作り方は通常の水出しルイボスティーと全く同じですが、ペットボトルの容量に合った茶葉の分量にしましょう。ミネラルウォーター(軟水)が入ったペットボトルの中にティーバックを入れ、紐の部分は外に出した状態で蓋を閉め、冷蔵庫で数時間冷します。 ちょうどいい濃さになったら紐を引っ張ってティーバックを取り出し、早めに飲みましょう。

特集

FEATURE CONTENTS