5. 野菜を炒めます。

Photo by ako0811

同じフライパンで油を少量足し、人参、もやし、にらの順に炒めていきます。和風出汁を入れて塩、こしょうで味を調えておきましょう。

6. 麩を戻し炒めます。

Photo by ako0811

野菜に火が通ったら、別トレイに移しておいた麩を戻します。

Photo by ako0811

醤油をさっと回しかけ好みの味に調節しましょう。濃いめがお好みの場合は、少し大目に醤油を加えても大丈夫です。

7. できあがりです♪

Photo by ako0811

お好みで鰹節をかけていただきます。お酒のアテには、ラー油を垂らしてもパンチが効いておいしそう♪ 麩のふわふわ感、ツナの出汁が行き渡り優しい味わい。これなら野菜がもりもり食べられます。

作るときのコツ

麩は、味がぼやけないよう水気をしっかり絞りましょう。卵液を中までふくませることが焼き上がりの食感につながります。 また、卵液に浸けた麩を加熱するとき、炒めすぎると卵が硬くなりモロモロした食感になります。あまり触れず、フライパンを大きくゆすって空気をふくませながら加熱するとフンワリおいしく焼けますよ。

フーチャンプルーの人気レシピ3選

1. スパム缶でフーチャンプルー

沖縄料理といえばスパム缶のイメージが強いですよね。ストックしておくと、ササッと炒めものをするときにとっても便利です。 フーチャンプルーを作るときも、スパム缶を使用してみましょう。しっかりとした塩味は、シンプルな炒め物にはアクセントになってとってもおいしそうです。

2. 木綿豆腐入り麩チャンプルー

フーチャンプルーを豚こま肉を使ってエネルギッシュに作ります。豚の油、出汁が麩と一緒に加えたお豆腐に染み込み食べごたえのあるひと品に♪お肉も野菜もたっぷり食べられるおかずなので、育ち盛りのお子様にもぴったりですね。 冷蔵庫に余っているお野菜で十分。思いったらすぐに作れるレシピです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ