松の緑

冬でも青々とした緑色をしている常緑樹・松の木。「松の緑」は、長寿や天下泰平、夫婦和合などの象徴として使われる言葉です。おめでたい席に使われる「銘」となっています。

寿山

山のように大きな福徳があってめでたいことを表現している「寿山」。高齢者を称えて、尊敬や長寿を願う言葉でもあります。敬老の日や誕生日などのときにぴったりな「銘」。

相生

ひとつの根から2本の幹が互いに接して生えている、また、2つのものがともに生まれて育つことを意味する「相生」。夫婦が仲睦まじすることを表現しています。また、「相老」とかけて、「夫婦がともに長生きを」との願いも。

季節ごとの銘

1月

松風

松を吹く風、その音を表現した「銘」。茶人はこれを茶釜の煮える音として表現します。

大福

大きな福運を意味する言葉「大福」。おめでたいときにもぴったりな「銘」です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS