【かんたん弁当】缶詰で時短!さんまの混ぜごはん弁当

「さんまの混ぜごはん弁当」のレシピと作り方を動画でご紹介。さんまの蒲焼き缶としめじで、混ぜごはんを作りました。缶詰の汁も入れるので、旨味たっぷりの味わいになりますよ。卵焼きとかぼちゃの煮物の3品作っても15分!時短で作れる便利なレシピです。

15 分

材料

(1人分)
  • さんまの混ぜごはん
    • ごはん200g
    • さんまの蒲焼き缶1缶(100g)
    • しめじ30g
    • 小さじ1杯
    • しょうが(すりおろし)小さじ1/2杯
    • 白いりごま大さじ1/2杯
  • かぼちゃとさやえんどうの甘辛煮
    • かぼちゃ30g
    • さやえんどう3枚
    • a. 酒小さじ1杯
    • a. 砂糖小さじ1杯
    • a. しょうゆ小さじ1/2杯
  • 桜えびと青のりの卵焼き
    • 1個
    • b. 桜えび2g
    • b. 砂糖小さじ1杯
    • b. 塩少々
    • b. 青のり少々

下ごしらえ

・しめじは石づきを落として小房にわけます。
・さんま缶は身をほぐしてたれと絡ませます。
・かぼちゃはひと口大に切ります。
・さやえんどうは筋を取ります。

作り方

1

「さんまの混ぜごはん」を作ります。耐熱ボウルにしめじを入れ、ラップをかけてレンジ600Wで1分加熱します。取り出してキッチンペーパーで水気を拭き取ります。

2

①のボウルにごはん、さんま缶、酢、しょうが、白いりごまを加えてさっくりと混ぜ合わせ、ラップをかけてレンジ600Wで2分加熱します。

3

「かぼちゃとさやえんどうの甘辛煮」を作ります。耐熱ボウルにかぼちゃ、(a)の調味料を入れ、レンジ600Wで2分ほど加熱します。一度取り出し、さやえんどうを加えてさらに1分加熱します。

4

「桜えびと青のりの卵焼き」を作ります。耐熱ボウルに卵を溶きほぐし、(b)の材料をすべて加えて混ぜ合わせます。ラップをかけ、レンジ600Wで1分30秒加熱します。※レンジ加熱の際、45秒ほどで一度取り出し、菜箸で形をならしてから再度加熱すると、きれいに仕上がりますよ。

5

ラップを広げて④をのせ、キャンディー状に両端をねじって5分ほどなじませます。

6

粗熱を取り、お弁当箱に混ぜごはん、おかずを詰めて完成です。

コツ・ポイント

さんま缶は汁ごと加えて味付けするのがポイントです。梅干しを加えてさっぱりと仕上げるのもおすすめですよ♪ 卵は熱いうちにラップで包み、少しなじませるときれいな形に仕上がります。
▼15分で完成!かんたん弁当のレシピ

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_channel

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう