ライター : ako0811

兵庫県西宮市在住の手作り大好き主婦です。特に野菜やお魚、フルーツなど健康的なレシピが好きです。また、外国文化にも興味があり、エスニックなもの、お酒にあうピリ辛なもの、世界を…もっとみる

そもそも「ヴィシソワーズ」って?

Photo by ako0811

フランス料理にはかかせない冷製スープ「ヴィシソワーズ」とは、アメリカ生まれのポタージュスープなんです。 裏ごししたじゃがいもと炒め玉ねぎの甘味がほのかに感じられるクリーミーなスープは、喉越しがいい夏の定番メニュー。じゃがいもが入ることでとろみがつき、パンと一緒に食べても相性抜群、昔から庶民の味としても食卓に並べられていたようです。

名前の由来

ヴィシソワーズの語源となったヴィシー(Vichy)は、フランスの地名のひとつ。フランス生まれのスープと思われがちですが、考案者はルイ・ディアというアメリカ生まれのフランス人で、子供の頃に飲んでいた冷たい牛乳と混ぜたポタージュをヒントに誕生させたレシピだそう。 ルイ・ディアは、そのスープに、故郷の思いをのせヴィシー(Vichy)の地名を取り「ヴィシソワーズ」と名付けたそうです。

ヴィシソワーズの作り方

Photo by ako0811

コンソメで煮てやわらかくしたじゃがいもをペーストにし、牛乳と生クリームでのばしたスープは、ほのかに甘くクリーミーな味わい。じゃがいものとろみが滑らかで、冷たくしていただくとスッと口の中で溶けるような食感です。キンキンに冷やしてご堪能ください♪

材料(6人分)

Photo by ako0811

・じゃがいも……大2個 ・玉ねぎ……中1個 ・バター……大さじ1杯(10g程度) ・水……1カップ半 ・コンソメ顆粒……小さじ1杯 ・牛乳……2カップ ・生クリーム……1/4カップ ・ローリエ……1枚 ・塩……少々 ・こしょう……少々 ・パセリ……お好みで(仕上げ用) ・オリーブオイル……お好みで(仕上げ用)

作り方

Photo by ako0811

1. 玉ねぎは薄くスライスします。じゃがいもも皮を剥いたら火が早く通るよう薄めのスライスにして水にさらします。3分程度さらしたらザルにあけ水気を切っておきましょう。

Photo by ako0811

2. 鍋にバターを溶かし、スライスした玉ねぎをしんなりするまでじっくり、焦がさないように弱火で炒めます。 ※真っ白なきれいなスープにするためには、焦げは禁物です。

Photo by ako0811

3. じゃがいもを加え、ざっくり炒め全体に油をまわします。じゃがいもの表面がうっすら透明になり火が通ってきたら水、コンソメ、ローリエを加えます。 蓋をして弱火で15分程度、じゃがいもがやわらかくなるまで煮ます。途中、アクをきちんと取ると雑味なく仕上がりますよ。

Photo by ako0811

4. 15分程度経過するとじゃがいもが簡単に崩れるくらいにやわらかくなります。

Photo by ako0811

5. 粗熱がとれたら、ミキサーにかけピューレ状にします。本レシピはブレンダーを使って滑らかな状態にしています。

Photo by ako0811

6. じゃがいものペーストを鍋に戻し、牛乳を加え、弱火~中火で沸騰させない程度に温め、ペーストをのばすように混ぜます。全体が温まり、じゃがいものペーストがスープに馴染んだら生クリームを加え、塩、白こしょうで調整しましょう。 じゃがいもの量によりスープの粘度が変わります。お好みの緩さにするために牛乳で調節しましょう。

Photo by ako0811

7. 鍋ごと冷蔵庫に入れてしっかり冷やします。

Photo by ako0811

8. 食べる際は、あらかじめ冷やしておいた器にスープをよそってできあがり♪ 仕上げにパセリやオリーブオイル、クルトンなどをかけると品よく仕上がりますよ。

作るときのコツ

Photo by ako0811

真っ白なヴィシソワーズにするために、玉ねぎやじゃがいもを加熱するときは焦がさないように注意しましょう。 そして、最大のポイントはスープの口当たりです。じゃがいもの粒が残らないくらいにブレンダーやミキサーで撹拌しペースト状にしましょう。(写真は、ペースト状にして鍋に戻した状態です。) いただく際は、しっかり冷やしてくださいね。ぬるくなると重たい印象になり喉越しが悪くなります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS