もう捨てないで!「セロリの葉」を使いきる副菜レシピ3選

1年中手に入りやすい「セロリ」。ちょうど今の時季は、露地栽培されたセロリが多く出回る季節といえます。セロリを使った料理は「茎」をメインにしたものが多く、「葉」だけが余ってしまうことも…。そこで今回は、セロリの葉を使ったレシピをご紹介します。

この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。
1年中手に入りやすい「セロリ」。セロリの最も適した生育温度は15~20℃と言われているため、ちょうど今の時季こそ、露地栽培されたセロリが多く出回る季節といえる。

セロリを使った料理といえば「茎」をメインにしたものが多く、「葉」だけが余ってしまうこともしばしば。
そこで今回は、セロリの葉をおいしく食べるための簡単アレンジレシピを紹介する。

5分で作れる常備菜! 風味と食感を楽しむ「セロリの葉のマスタード炒め」

まずオススメしたいのが、常備菜にぴったりなマスタード炒めのレシピ。

セロリの葉はゆっくり炒めることで甘くなるので、中火で葉がしんなりするまで炒めよう。
甘みが引き出されて優しい香りが出てきたら、マスタードの酸味を加えてキュッと味の輪郭を引き締める。
仕上げにクルミとハチミツを加えれば、食感も風味も抜群によい常備菜の完成。

材料 (作りやすい分量)

・セロリの葉 … 1本分
・クルミ … 10g
・バター … 5g
・[A]粒マスタード … 小さじ1
・[A]味噌 … 小さじ1
・[A]ハチミツ … 小さじ1/2
・塩 … 適量
・コショウ … 適量

作り方(調理時間:5分)

① セロリの葉は5mm幅に切る。クルミは大きめの粗みじん切りにする。

② フライパンにバターを入れて中火で熱し、セロリとクルミを入れてセロリが少ししんなりするまで炒める。

③ 合わせたAをフライパンに入れて炒め合わせ、塩、コショウで味を調える。

パルメザンチーズ入りの衣でカリッと揚がる! 甘さ引き立つ「セロリの葉のフリット」

香味野菜はオイルとの相性が良いので、フリットにすることで素材の甘みが引き出される。

衣には隠し味がふたつ。「パルメザンチーズ」で香ばしさとうまみを加え、「炭酸水」で細かい気泡が加わりフワッとした軽い食感に仕上がる。

材料(2人分)

・セロリの葉 … 1本分
・[A]小麦粉 … 大さじ3
・[A]パルメザンチーズ … 大さじ1
・[A]ベーキングパウダー … 小さじ1/2
・[A]塩 … 小さじ1/8
・[A]コショウ … 少々
・[A]炭酸水 … 100ml
・サラダ油 … 適量

作り方(調理時間:15分)

① セロリの葉は1cm幅に切る。

② ボウルにAを入れて混ぜ、セロリの葉を加えて軽く混ぜる。

③ サラダ油を鍋の底から2cm程まで入れて中火で熱し、油の温度が180℃まで上がったら(菜箸を入れたときに細かい泡が出たら)、②をスプーンですくって入れる。サクッとするまで揚げたら取り出す。

これは簡単! 5分で作れる即席前菜「セロリの葉と生ハムのサラダ」

最後に紹介するのは、簡単なのにおしゃれに仕上がる即席サラダのレシピ。

味付けはオリーブオイル、レモン、醤油とシンプルながら、セロリの葉の苦みと合わせることでバランスのとれた味わいに仕上がる。
飲み口のすっきりした白ワインとも相性がよいので、前菜として晩酌にも使えそうだ。

火を使わずに5分で作れるため、セロリの茎を使ったついでに、ぱぱっと「あと一品」を完成させることができる。覚えておけば重宝すること間違いなしのレシピだ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

dressing

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう