上品で旨みたっぷり。「あさりのお吸い物」の基本レシピ&人気アレンジ

あさりのお吸い物の基本レシピと、おいしく作れるポイントをご紹介します。上品な味わいのあさりのお吸い物ですが、ちょっとしたコツをおさえればご家庭でもおいしく作ることができますよ。白だしを使ったものや簡単に作れるアレンジレシピも必見です。

2019年9月11日 更新

あさりのお吸い物の作り方

黒の器に盛られたあさりのお吸い物

Photo by lanne_mm

あさりの旨みを余すことなく楽しめるお吸い物。懐石料理の汁物や赤ちゃんのお食い初めにもよく出される、和食の基本料理です。ふんわり炊き上げたあさりは、だしをとったあとでも具材として十分に楽しめます。

今回はあさりのお吸い物の作り方をご紹介。砂抜きの仕方から、上手にだしをとるコツまでていねいに解説していきます。

材料(2人分)

器に入ったあさりと青ネギ、ガラスの小鉢に入った調味料4つ

Photo by lanne_mm

・あさり……150g
・ねぎ……適量
・昆布……5cm角1枚
・水……300cc
・酒……大さじ1杯
・うす口しょうゆ……小さじ1杯
・塩……少々

下準備:あさりの砂抜き

あさりを保存容器で塩抜きしている様子

Photo by lanne_mm

あさりは、海水程度の塩分濃度(3%)の塩水にさらしておくと砂をはきだします。

今回は200ccの水に小さじ1杯の塩を入れて溶かしています。あさりをバットなどの平たい容器に重ならないように入れ、あさりが少し出るくらいひたひたに塩水を入れてください。

そのまま冷暗所で保管します。夏など室温が高い日は必ず冷蔵庫に入れてくださいね。上から新聞紙をかぶせて暗い状態にしておくと上手に砂抜きができますよ。

スーパーで買ってきたものだったら2~3時間、潮干狩りでとってきたものならひと晩ほどつけておきましょう。

作り方

1. ねぎを切る

ガラスの器に入った小口きりのねぎ

Photo by lanne_mm

ねぎは小口切りにします。

2. あさりを洗う

銀のボウルに入ったあさり

Photo by lanne_mm

砂抜きをしたあさりは、殻の汚れを貝を軽くこすり合わせるようにして、2~3回水を変えて洗います。

3. あさりを火にかける

あさりと昆布と水が入った鍋

Photo by lanne_mm

鍋にあさりと昆布、水を加え火にかけます。弱めの中火でOKです。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

lanne_mm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう