身近な食材で作ることも

使う材料に工夫を加えれば、日本でもカオソーイを作ることができます。麺は中華麺やビーフンでOK!「揚げ麺」はかたやきそばを使うとより手軽です。 味わいのベースを決めるのはなんといってもカレーペースト。簡単に作る場合は市販のもので、より本場の味わいに近づけたい場合は輸入品店で「カオソーイペースト」を購入するとよいでしょう。鶏肉のゆで汁でスープを作ると、より本格的な味わいになりますよ♪

カレーペーストで◎基本のカオソーイの作り方

こちらは市販のカレースープとビーフンで作るお手軽カオソーイレシピ。カルディなどで手に入る「タイカレースープ」を煮立たせ、鶏ササミと海老、たまねぎを加えて煮込み味わいに深みを出します。簡単に作れると、ランチの時にもいいですよね♪

おすすめトッピング5選

1. カリッとこんがり焼いたりゆでたり!「チキン」

スパイシーカレーに合うチキンは、やっぱりカオソーイにぴったり!鶏もも肉や手羽元をパリッと焼いて、あるいはむね肉をゆでて割いてサッパリと楽しんでみませんか。もちろん、ほかのお肉でもおいしいでしょう!

2. 一気にアジアの風かおる「魚貝類」

プリップリの海老やうま味たっぷりの貝類など、海の幸をトッピングすると、アジアンな雰囲気が強調されるでしょう。カオソーイはもともとタイ料理。魚介類を盛り付ければ一気にアジアの風が吹き込みそうです。

3 やはり欠かせぬ「ゆで卵」

彩りとコクをプラスしてくれるのが「ゆで卵」。簡単に作れて満足度が上がりやすいので、カオソーイのトッピングにおすすめです。茹で加減はお好みで決めましょう。半熟でトロッとでもいいですし、固めに茹でてスープに溶かしておでんのように食べてもおいしそうです♪

4. 彩り豊かに「緑の野菜」

普通のカレーに入っていてもおいしい緑の野菜。小松菜やほうれん草、インゲンやオクラをゆでてトッピングすれば、彩りも豊かにカオソーイを楽しめます。またそのまま生の状態で入れるのか、少し茹でたり炒めたりしたあとにのせるのかも多彩♪アレンジを楽しみましょう!
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ