ライター : aaaharp

紅茶が好き。ライターとして、食だけでなくあらゆる分野のメディアで執筆しています。あちこちにアンテナを張っているので、暮らしに役立つ情報やトレンドをどんどんお届けしていきます。

ロックアイスでお酒をおいしく楽しむ♪

ロックアイスとは

ロックアイスとは、もともと食品メーカーの「小久保製氷冷蔵」が製造したかち割り氷のことです。小久保製氷冷蔵は、製氷業界に先駆けてロックアイスを製造販売しており、この名前自体が同社の商標となっています。 ロックアイスは透明で透き通ったきれいな氷で、大きな塊から削り出したようないびつな形をしています。

普通の氷との違いは?

家庭の冷蔵庫の製氷皿で作る氷とは、見た目からして大きな違いがあります。家庭の氷は水から作るため、できあがった氷は白く濁った部分が多くなります。 水に含まれる空気や不純物があるため濁ってしまうのですが、ロックアイスは独自の製法でゆっくりていねいに製造されるため、濁りのない透明で美しい氷に仕上がります。不純物を含まないきれいな氷は溶けるのもゆっくりで、お酒を楽しむのに適しています。

ロックアイスの作り方

用意する道具・材料

どんな作り方をするかによって用意する道具は異なりますが、今回は最低限の材料でどんな家庭でも作れる方法を紹介しましょう。 用意するのは、タオル、プラスチックなどの大きめの容器、アイスピック(なければドライバーなど)です。 水は水道水で構いませんが、よりおいしい氷を作るなら浄水器を使った水やミネラルウォーターがおすすめです。

氷の作り方

ロックアイスの肝は、透明感のある溶けにくい氷にするということ。そのためには、ゆっくり凍らせる必要があります。容器に水を入れたら、容器をタオルで巻いてから冷凍庫へ入れましょう。さらに、そのままほったらかしにするのではなく、ときどき様子を見て水をゆっくりとかき混ぜることです。そうすると純度の高い溶けにくい氷になります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS