簡単「づけ丼」レシピ15選!マグロやハマチ、鯛のアレンジ丼まで

づけ丼とは、生魚の切り身をしょうゆなどで作ったタレに付け込み、ごはんにのせる丼もの。定番はマグロですが、お刺身にしておいしい魚ならなんでもづけ丼にすることができますよ。今回は、マグロのアレンジづけ丼、さらにいろんな魚のづけ丼を紹介します。

2018年11月4日 更新

13. アジのさっとづけ丼

お刺身やなめろうにしてもおいしいアジ。脂がのったアジはづけ丼にするのもおすすめです。アジは刺身にしてもひと切れが小さいので、つけダレは和える程度で十分です。万能ねぎやしょうがなどの薬味も一緒に和えればあっという間に完成。温かいご飯でさっといただきましょう!

14. マヨでコク旨ブリのづけ丼

酸味のきいたマヨネーズ風味のづけ丼のレシピです。つけダレは定番のしょうゆベースにマヨネーズとすりごまを加え、コク深い味付けにしましょう。ブリは甘みのほか臭みもありますが、マヨネーズの強めの味付けでそれを打ち消してくれます。このレシピでは酢飯を使っていますが、つけダレに酸味があるので普通のごはんでもよさそうですね。

15. ヒラメのづけ丼

ちょっと豪華に、ヒラメを使ったづけ丼のレシピです。つけダレの味付けはしょうゆとみりん、そしてにんにく。ヒラメはたんぱくな味ですが、にんにくがきいた特製つけダレでご飯がすすむ一杯です。ヒラメはお茶漬けにするとおいしいですが、づけ丼も簡単でいいですね。

安い切り落としで作れちゃう♪

づけ丼の魅力は、安い切り落としの生魚で作ることができるというところ。刺身用でも冊で買えば安いのでいいですよね。分厚く切ったり、サイコロ状にしたりと食べやすい形で好きにアレンジできます。

また、お刺身にしようと買ってきたはいいものの、お刺身が余ってしまった、というとき。一晩タレに漬けておくと翌日でもおいしく食べられるので、残り物の活用レシピとしてもおすすめです。どんな魚でもおいしいので、お刺身が余ったときはチャレンジしてみましょう♪
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
4 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう