フライパンで作る「チャパティ」レシピ。ナンとは違う食感を楽しもう!

日本でも大人気のインド料理。カレーのお供といえばナンが有名ですが、本場インドの人々は、「チャパティ」を主食としています。今回は、ナンとの違いやチャパティの活用レシピをご紹介。発酵不要な簡単に作れるチャパティで本格カレーを楽しんでみませんか!

2018年4月11日 更新

作り方

1. 材料を合わせます。

Photo by ako0811

ボウルに、全粒粉とオリーブオイル、水を入れてください。

Photo by ako0811

菜箸などでぐるぐる、粉っぽさがなくなるまで軽く混ぜ合わせましょう。

2. 生地を捏ねます。

Photo by ako0811

生地がまとまったら台の上に置き、手のひらで15分しっかり捏ねます。最初はベタベタと水分が多く捏ねにくいですが、だんだんとまとまってきますよ。

Photo by ako0811

粉と水分がなじみゴワゴワ感がなくなります。耳たぶくらいのやわらかさになり、なめらかな質感の生地になればOKです!

3. 生地を6等分にします。

Photo by ako0811

棒状に伸ばしてからカットすると簡単に均等な大きさにできますよ。

Photo by ako0811

固く絞った濡れ布巾をかぶせ30分ほどおきます。少し寝かせることで生地がなじみ、伸びがよく膨らみやすい生地になります。

4. 円形に伸ばします。

Photo by ako0811

生地をめん棒で平らに丸く伸ばします。直径15cmくらいに伸ばしてくださいね。均一の厚さで伸ばすことがおいしく作るコツです。

5. フライパンで焼きます。

Photo by ako0811

油をひいてないフライパンを強火で温めます。しっかりフライパンが温まったら、中火にし生地を置きます。

Photo by ako0811

1~2分ほど経過すると、表面がポコポコと小さく膨らみはじめます。膨らみ始めたらフライ返しでひっくり返しましょう。両面を焼いたら完成です♪

Photo by ako0811

硬そうに見えますが、トルティーヤのように具材を包めるほど生地には弾力がありやわらかく仕上がりますよ。カレーと一緒に、ちぎりながらいただきましょう♪

チャパティを作るときのコツ

特集

FEATURE CONTENTS