11. 重しをのせて焼く

Photo by Uli

生地にクッキングシートをかぶせ、その上に重し(重石や生豆、生米など)をのせます。180℃に予熱したオーブンで12~15分焼きます。

12. 重しを取ってさらに焼く

Photo by Uli

クッキングシートと重しを取り、内側がこんがり焼けるようにさらに5分ほど焼いて冷まします。

13. タルト型から外す

Photo by Uli

焼き上がった生地をタルト型から外します。生地が崩れやすいので、冷めてから型からゆっくり外しましょう。底にしっかり焼き目がついていればOKです。

タルト生地を作るときのコツ

Photo by Uli

冷蔵庫でしっかり寝かせる

タルト型に生地を敷いたあとは、しっかり冷蔵庫で生地を冷やすことが重要。この時間を設けるのと省くのでは、焼き上がりの生地の口溶けが違ってきます。サクサクほろほろの生地にするには、冷蔵庫で長めに生地を寝かせるようにしてください。

素早くタルト型に生地を敷く

タルト生地を手で触るとバターがだれて、焼き上げたときのサクサク食感が損なわれてしまいます。タルト型に生地を敷くときはなるべく早く、手で触りすぎないようにしましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ