5. 手で押して伸ばす

Photo by Uli

平らな作業台に、打ち粉として強力粉(分量外)をふるい、休ませて冷えた4を扱いやすいように手で押して伸ばします。

※手が熱かったり触りすぎたりすると、せっかく寝かした生地がだれてしまうので注意してください。手が温かい場合は麺棒で伸ばすようにしましょう。

6. 麺棒で伸ばす

Photo by Uli

タルト型より生地がひと回り大きくなるように、麺棒で伸ばします。このとき、生地の厚さを均一にするのがポイントです。

7. タルト型に敷く

Photo by Uli

冷蔵庫で冷やしておいたタルト型に生地をかぶせて敷いていきます。

※卵黄で作る生地は弾力性がなく、切れやすいです。生地がちぎれた場合は、穴のあいた部分を余分に出た生地で塞ぐようにすればOK。

8. はみ出た生地を切り取る

Photo by Uli

タルト型の内側になるべく生地を入れ込んだら、ラップをかぶせて麺棒でタルト型からはみ出ている生地を切り取ります。

9. 形を整える

Photo by Uli

タルト型の側面に指を押し付けるようにして、タルト型より数mmほど生地が高くなるようにします。

10. 穴をあけて冷蔵庫で寝かせる

Photo by Uli

焼いている間に生地が膨らんでくるのを防止するために、フォークなどで生地に適当に穴をあけます。冷蔵庫で30分~3時間ほど寝かせます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ