わかめ入りお味噌汁の作り方15選!人気定番の具材やアレンジレシピまで

定食や和食を食べる際、必ず飲みたくなるお味噌汁ですが、皆さんはどの具材が好きですか?今回はメインにも、サイドの具材にもなるわかめを使ったお味噌汁のアレンジレシピを紹介します。

2018年3月28日 更新

お味噌汁に入れるわかめの切り方について

お味噌汁に入れるわかめ、皆さんはどのように切っていますか?わかめの下処理について、知らない人は案外多いのではないのでしょうか。わかめは太い茎と柔らかい茎を分けて使います。わかめをまな板の上に広げて、柔らかい葉と硬い茎の境目をカット。お味噌汁には基本的に柔らかな葉のほうが使われており、硬い茎の方は茎わかめとして知られています。境目を切ったら茎、葉という順にお鍋に入れて湯通しすると下処理は終了です!

わかめと大根のお味噌汁レシピ5選

1. たっぷりの大根と油揚げとの相性抜群「たっぷり大根のお味噌汁」

たっぷりの大根と油揚げ、そしてわかめが入った贅沢でホッとする味わいのお味噌汁。朝ごはんに出てくると、食べ応えがあってこれだけで満足できるひと品になります。大根は事前にごま油で炒めておくと、風味がもっと豊かにおいしくなるので一手間かけるのがおすすめです。

2. いつものお味噌を変えてみる「わかめと大根のお味噌汁」

短冊切りにした大根にお味噌の味がしっかりと染み込んで、滋味深い味がおいしいわかめと大根のお味噌汁レシピ。白味噌、赤味噌など、いつも使っている味噌とは違った種類の味噌を使って少しアレンジすると新しいおいしさを発見できるかもしれませんよ。

3. わかめ×大根×豆乳の新しい味「根菜とわかめの豆乳お味噌汁」

豆乳と白味噌の優しい味がカラダにうれしいお味噌汁です。豆乳を使用すれば、出汁を使わずに旨味とコクが出ます。豆乳を料理に使うときのポイントは、分離を防ぐため、豆乳をお鍋に入れたら沸騰をさせないことです。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう