5. 時間がないときは「電子レンジを活用した牛すじ入りおでん」

おでんで時間がかかるのは、牛すじや大根ですよね。火が通りにくい大根はレンジで調理することで、煮込み時間を短縮できますよ。 牛すじも、時間がないときには市販のおでん用を活用しましょう。煮汁の分量さえ守れば、ほっこりおいしいおでんを作ることができます。

6. 風変わりレシピに挑戦するなら「イタリアン風トマトおでん鍋牛すじ入り」

意外や意外、トマト出汁とおでんの具材は相性◎です。牛すじもいつもより洋風な仕上がりで、おいしくいただけます。 一見むずかしそうですが、お出汁にはなんとトマトジュースを使用しているので、とっても簡単に作れます。お料理ビギナーさんでも安心して挑戦できるでしょう。

7. ボリューム満点!豪華なひと品「牛すじとスペアリブのおでん風」

牛すじだけでなく、スペアリブも一緒に煮込んだおでん風レシピです。お肉が大好きな人におすすめで、とにかくボリューム満点です。 お肉のくさみを取るためには、やはり下ごしらえが必須。レシピにも詳しい煮込み方が記載しているので、ぜひ参考にしてください。

8. 圧力鍋ならさらに簡単に作れる「牛すじと大根のおでん風煮込み」

面倒な牛すじの下ごしらえも調理時間を短縮するなら、圧力鍋も活用してみましょう。こちらのレシピは通常のおでんよりちょっぴりお味を濃いめにしているので、ご飯のお供としてもおすすめですよ。 牛すじは前もって下ゆでする必要がありますが、あとは大根と一緒に圧力鍋に入れるだけ。忙しい日でも、簡単にレシピに取り入れることができるでしょう。

おでんの牛すじは「下ごしらえ」をしてさらにおいしく!

牛すじの下ごしらえは、おいしいおでんを作る上では欠かせません。くさみを消してやわらかく仕上げることで、よりおいしくいただくことができます。 おでんに牛すじを入れれば、お出汁に風味が広がるだけでなく、ほかの具材にほどよく脂がからみ、味全体が整うメリットも。おでんに牛すじを取り入れて、オリジナルレシピにも挑戦してみてくださいね。
▼そのほかの絶品おでんと牛すじレシピの記事もご覧ください

編集部のおすすめ