神戸のソウルフード「ぼっかけ」とは?作り方やアレンジ5選も

神戸長田が発祥のソウルフード「ぼっかけ」。牛すじとコンニャクを甘辛く煮込んだこの料理は神戸名物のひとつです。そのまま食べたりご飯などにかけてもおいしい!ここでは、その特徴や魅力、そしておすすめのアレンジレシピを5つご紹介していきます♪

神戸のソウルフード!「ぼっかけ」とは?

どんな料理?

神戸名物の「ぼっかけ」とは、牛すじ肉とコンニャクを出汁で甘辛く煮込んだ料理。神戸では、うどんやラーメン、カレーなどのトッピングとしてもよく使われています。全国的には「すじコン」として有名な料理。味付けは醤油やみりんを主体にしているので、その点で味噌が主体である「どて焼き」とは種類が分けられています。

発祥

「ぼっかけ」は神戸長田のソウルフード。もともとは、うどんにのせる具材のすじコンのことを「ぼっかけ」と呼んでいたそう。長田の街の活性化のため、焼きそばやお好み焼きにもインパクトのある「ぼっかけ」という名前が使われるようになったのだとか。そして現在、下町の名物グルメとして広まることとなったのです。

名前の由来

「ぼっかけ」という名前は、「ぶっかける」が起源という説が有力なのだとか。もともとは神戸でも「すじ」とか「すじコン」と呼ばれていました。それがいつしか、ほかの料理の具材としてぶっかけるようになったそうです。

そのはじまりはうどん。そのため最初のうちは「ぼっかけ」という呼び名はうどん限定だったのだとか。それが現在、「すじコン」自体を「ぼっかけ」と呼ぶようになりました。

ぼっかけの作り方

「ぼっかけ」を作るには、まず牛すじ肉やコンニャクなどの下処理が必要!

牛すじ肉は、かるく水で洗ったあと、アクを取りながら10分くらい茹でて、ザルにあげたらさらっと水洗い。コンニャクは、一口サイズにして下茹でしておきます。また、生姜を千切りにしておきましょう。

次はお鍋に、水・醤油・みりん・ざらめを投入。煮立ったら、下処理をした牛すじ肉とコンニャクを入れましょう。さらに弱火から強火で20〜25分くらい煮込んだら完成です!あとは器に盛って、仕上げに青ネギを散らせば彩りもよくなりますよ♪

おすすめの食べ方

神戸長田のご当地グルメ「ぼっかけ」は、ご飯のおかずやお酒のおつまみとしてそのまま食べてもおいしい!けれども、ほかの料理とコラボすることで、食べごたえのある主食にも変身してくれます。

たとえば「ぼっかけ丼」。これは丼ぶりのご飯にたっぷりと「ぼっかけ」をのせて、生卵や半熟卵をおとした料理。また、「ぼっかけ」と「そばめし」という2つの神戸名物がドッキングした「ぼっかけそばめし」とい料理もおすすめです。

そのほかにも、定番の「ぼっかけうどん」や「ぼっかけお好み焼き」なども、ぜひ試しておきたい絶品となっています。

ぼっかけアレンジレシピ5選

1. ぼっかけお好み焼き

ぼっかけをお好み焼きの具材として混ぜ込んだレシピ。ぼっかけさえあれば、あとは普通のお好み焼きと作り方は大差ありません。甘辛いぼっかけはお好み焼の具材としてばつぐんにマッチします。休日の昼食などにもぴったり♪

2. ぼっかけ丼

ぼっかけのアレンジレシピの定番「ぼっかけ丼」。しっかりと甘辛く味の付いたぼっかけがご飯によくマッチしたおすすめレシピです。お好みで半熟卵をトッピングしても美味しいですよ。簡単に作れるのに文句なくおいしいと評判のレシピです。

3. ぼっかけ豆腐

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

y_nakagawa

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう