おでんの牛すじは「下ごしらえ」がポイント♪ 簡単おすすめレシピ8選

おでんの牛すじって、おいしく作るのはなんだかむずかしいと思っていませんか?おでんの牛すじは下ごしらえをきちんとすることで、誰でもおいしく仕上げることができるんですよ。基本レシピからアレンジレシピまで、牛すじ入りおでんに挑戦してみましょう♪

1. 初心者はシンプルレシピから「基本の牛すじ入りおでん」

牛すじは、はじめに別のお鍋で煮込むことで味移りを防ぎ、くさみを消すことができます。おでんに牛すじを入れるのが初めての人は、具材はシンプルにするのがおすすめですよ。

具材がシンプルなら調理方法も楽ですし、牛すじの味わいをじっくり楽しめます。

2. 定番具材をたっぷり「具だくさん牛すじ入りおでん」

おでんといえば......な具材をたっぷり入れた、牛すじ入りのおでんです。牛すじを入れることでうまみが増し、お出汁にの風味もアップします。

牛すじの下ごしらえが面倒なときは、市販のおでん用牛すじを使うのもおすすめ。手間がなくなり時短でおでんを仕上げることができます。

3. シメにはラーメンがおすすめ「白湯の牛すじ入りおでん」

白湯で作る牛すじ入りおでんのレシピです。鶏ガラスープの風味が引き立ち、いつものおでんとは違うお味に。具材にもトマトやいんげん豆など、ちょっぴり新鮮なものをチョイスできますよ。

おでんには珍しく、シメ料理も楽しめます。おすすめはラーメンで、具材から出た出汁が麺にからみ、まさに絶品です。

4. しょうゆ多めのお出汁がポイント「静岡風牛すじ入りおでん」

いつものおでんに比べ、静岡風おでんはしょうゆが多め。煮汁が黒く、香ばしく仕上がるのが特徴です。牛すじとの相性も◎でおいしくいただけますよ。

また、仕上げに魚粉と青のりをかけていただくのもポイント。お酒にも合うので晩酌のお供としてもいただけるでしょう。

5. 時間がないときは「電子レンジを活用した牛すじ入りおでん」

おでんで時間がかかるのは、牛すじや大根ですよね。火が通りにくい大根はレンジで調理することで、煮込み時間を短縮できますよ。

牛すじも、時間がないときには市販のおでん用を活用しましょう。煮汁の分量さえ守れば、ほっこりおいしいおでんを作ることができます。

6. 風変わりレシピに挑戦するなら「イタリアン風トマトおでん鍋牛すじ入り」

トマト出汁とおでんの具材は相性◎です。牛すじもいつもより洋風な仕上がりで、おいしくいただけます。

一見むずかしそうですが、お出汁にはなんとトマトジュースを使用しているので、とっても手軽に作れます。お料理ビギナーさんでも安心して挑戦できるでしょう。

7. ボリューム満点!豪華なひと品「牛すじとスペアリブのおでん風」

牛すじだけでなく、スペアリブも一緒に煮込んだおでん風レシピです。お肉が大好きな人におすすめで、とにかくボリューム満点です。

お肉のくさみを取るためには、やはり下ごしらえが必須。レシピには詳しい煮込み方が記載しているので、ぜひ参考にしてください。

8. 圧力鍋ならさらに簡単に作れる「牛すじと大根のおでん風煮込み」

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

azukichicchi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう