かわいいおいしい♪自家製フレーバーウォーターを作ろう

海外セレブやモデルが実践していることから話題のフレーバーウォーター。水分補給だけでなく、インスタ映えする見た目は、テーブルを華やかに彩ってくれます。野菜やフルーツ、ハーブのおかげで気分もリフレッシュ。好きなマイボトルを買って、環境にもいいドリンクを作ってみて!

2019年9月30日 更新

フレーバーウォーターとは?

美容に関心がある人を中心に注目されているのがフレーバーウォーター。デトックス効果もあるので、デトックスウォーターとも呼ばれています。おしゃれなレストランでサーバーやメイソンジャーに入っているのを見かけたというかたも多いのでは?見た目もカラフルでかわいいですよね。 普段は捨ててしまうフルーツの種や皮を使っても作れるので、フードロス対策にもなります。体にも環境にもいいので、要注目のドリンクです♪

フレーバーウォーターに使う具材

まずは水。お好きなミネラルウォーター、炭酸水を使います。もちろん水道水でもOK。 彩りを考えて、フルーツや野菜を選びます。シンプルに一種類でも、華やかにしたいならいろいろミックスしてもよいでしょう。 ハーブを加えることで、いろいろな風味を足すことができます。お好みの組み合わせを探してみるのが楽しいですね。

保存や使い切りについて

フレーバーウォーターには生のフルーツや野菜を使っているので、保存料がない分、傷みも早くなってしまいます。冷蔵庫で保存し、なるべく24時間以内で飲み切ってしまいましょう。作った時間から24時間以内でしたら、ミネラルウォーターの継ぎ足しが可能です。 残ったフルーツは、ヨーグルトなどと一緒にミキサーにかけてスムージーにするのがおすすめ!砂糖やはちみつを加えれば、フルーツソースにもなりますよ。とことん使い切ってリサイクルしちゃいましょう♪

【赤・ピンク色系】フレーバーウォーターの人気レシピ5選

1. ブルーベリー、プラム、ローズマリーのフレーバーウォーター

酸味と甘みのバランスが魅力のブルーベリー。「若返りのハーブ」ともいわれるローズマリーとの相性もバッチリ。プラムの甘みでやみつきになります。お好みでレモンなど柑橘類を入れるとさわやかになります。

2. リンゴとミントのフレバーウォーター

リンゴは皮ごと薄くスライス。ミントの爽やかさがよく合いますね。ミントは長時間漬けると、黒ずむ可能性があるので注意してください。ミネラルウォーターではなく、無糖の炭酸水で作ってもおいしいですよ。アクセントにリンゴ酢を少し入れてもいいかも!

3. いちごとブルーベリー、ミントのフレーバーウォーター

ベリーの色合いがとてもかわいい、いちごとブルーベリー、ミントのフレーバーウォーターです。同じ赤色のラズベリーやチェリーをミックスしてもよいですね。こちらは炭酸水を使っているのでシュワシュワしたのどごしも合わせて楽しめますよ。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS