ライター : tomaco.(とまこ)

1988年生まれ。現在、主婦1年生。 恋愛や結婚、食卓に並ぶ料理に、だいすきな事やモノ。生活のなかで「うれしい」「しあわせ」な瞬間をお届けします*。

生きくらげってどう食べるの?

「生きくらげ」は肉厚でプリッとした弾力が特徴。コリっとした歯ざわりで食感を楽しめる食材です。文字通り生ものですので、熱湯で湯どうしするなど加熱することが大切!サラダはもちろん、乾燥きくらげ同様にスープや炒め物に使ってもおいしくいただけます。

食感が楽しめる生きくらげと玉子のレシピ5選

1. 簡単!きくらげの卵炒め

きくらげと相性抜群の卵は、料理が苦手な人でも作りやすい王道レシピ。熱を加えて色鮮やかになったサヤエンドウに、ごま油の風味が食欲をそそります。卵は強火で手早く炒めるとふわっとしたでき上がりになり、きくらげのコリコリした歯ごたえをより楽しめるひと品になりますよ♪

2. きのこときくらげの卵炒め(ガーリック風味)

きのこと卵のやさしい味わいに、プリプリとした食感のきくらげがアクセントになったこちらのレシピ。厚めにスライスしたニンニクの風味がクセになるおいしさです。ショウゲンジ(別名コムソウ)と呼ばれるきのこを使っていますが、お好みのきのこでぜひ作ってみてくださいね。

3. きくらげとトマトの中華風たまご炒め

ふわふわの卵にトマトの旨味、きくらげの食感が絶妙なバランスのレシピです。卵、トマトの順に入れ、きくらげを加えたら素早く仕上げることでトマトの形が崩れず、見ためもキレイに仕上がります♪トマトのほんのりした酸味がアクセントになり、お酒にもよく合うひと品です。

4. きくらげと豆腐の卵炒め

豆腐と卵、きくらげに醤油と砂糖で炒めた、あまじょっぱい和風の味わいを楽しめるレシピです。木綿豆腐は手でちぎりながら加えることで、味がしっかり染み込みます。「もうひと品ほしい」というときに、食卓に華を添えてくれる副菜としてもオススメです。

5. お腹も大満足!きくらげの卵炒め

きくらげを食卓のメインにしたいときは、こちらのレシピはいかがでしょうか。きくらげはもちろん、卵にトマト、そして豚肉が入ってボリューム満点のおかずです。ごま油が効いた、ちょっぴり甘めの中華風に味付けがポイント。ご飯がすすむこと間違いなしです♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS