ダマスカス包丁を使用したあとは手洗い

ダマスカス包丁は普通の包丁とは材質が異なりますが、日常のお手入れで特に手間をかける必要はありません。いつも使っている包丁と同じように、スポンジと食器用洗剤でゴシゴシ洗っても大丈夫です。

それでも気になるようなら、スポンジのやわらかい面を使用して、中性洗剤でやさしく洗うように心掛けてください。また食洗器対応となっている包丁でも、刃体の反りなどの不具合が出ることもあるので、できるだけ手洗いすることをおすすめします。

ダマスカス包丁は研ぎ方に注意が必要!

普通の包丁と同じように砥石で研ぎますが、もっとも気をつけてほしいのが、ダマスカス包丁特有の縞模様を傷つけないよう、注意して研ぐということ。せっかくのきれいな模様が、研ぐことによって乱れたり、消えてしまうこともあります。

普通の包丁は、寝かせた刃身を砥石に密着させながら研ぎますが、ダマスカス包丁の場合は刃身を少し浮かせて、角度を一定に保ちながら刃先だけを研ぐようにしてください。そうすることで模様が消えるのを防ぐのですが、むずかしいようならプロに任せたほうが安心ですよ。

包丁の保管は風通しのいい場所を選んで

ダマスカス包丁が錆びに強いとはいえ、どんな刃物でも湿気は避けたいものです。日常的に使用している包丁でしたら、水分をしっかり拭き取って、風通しのいい場所で保管するようにしましょう。

長期間使用しないのであれば、新聞紙でくるんで保管するのがおすすめ。新聞紙が湿気を吸い、含まれるインクと油分がダマスカス包丁を保護してくれます。この際も湿気のない場所で保管してください。

お気に入りのダマスカス包丁で料理しよう

ダマスカス包丁は、一般的な打ち抜き包丁とは素材や製法が異なり、鍛造する手間もかかるため、どうしても高価にならざるを得ないです。しかし切れ味のよさが長く続き、錆びにも強く耐久性に優れているので、コストパフォーマンスは意外と悪くありません。

新しい包丁がほしいとか、包丁を買い替える機会がありましたら、この記事のなかからお好みのダマスカス包丁を見つけて、次のマイ包丁にしてみてはいかがでしょう。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ