ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

ダマスカス包丁の特徴と名前の由来

ダマスカス鋼とは、古代インドで作られていたウーツ鋼の別称。中東シリアのダマスカスで、このウーツ鋼を使って造られた刀剣が美しい縞模様を持つことから、「ダマスカス紋様」や「ダマスカス鋼」と呼ばれるようになったそうです。現代ではこのウーツ鋼は存在せず、製法も定かではありません。

そんなダマスカス紋様を、いろんな種類の鋼や金属を使い積層鍛造して、再現したのが日本のダマスカス包丁です。刃身の美しい見た目だけでなく、切れ味がよく耐久性にも優れた逸品。いまでは海外の有名シェフがこぞって、日本のダマスカス包丁を買い求めるほどで、家庭の主婦にもたいへん評判です。

ダマスカス包丁ならではの魅力が3つ!

1. 耐食性に優れた素材で錆びにくい

家庭でよく使われているステンレス包丁は、錆びにくいことで重宝されますが、ダマスカス包丁も負けていません。日本のダマスカス包丁の芯材によく使用される、モリブデン鋼は特に錆に強い材質です。製品価格は決して安くないですが、錆びにくく長く使えるため意外に経済的といえます。

2. 切れ味が鋭いうえに長持ちする

ダマスカス包丁の刃身は芯材に、モリブデンなどの硬質の鋼を使い、その上からいく層ものさまざまな種類の、鋼や金属を重ねて造られています。

本来の「ダマスカス鋼」の製法は残念ながら再現できないものの、技術の粋を集めて鍛造される現代のダマスカス包丁は、当時の刀剣を凌ぐ品質を持つといっても過言ではありません。硬さとしなやかさをあわせもつ刃は、切れ味の鋭さもさることながら、切れ味が鈍らないことも魅力です。

3. 芯材が硬くて丈夫で耐久性が高い

錆びに強いモリブデン鋼を芯材に使用し、丁寧にいく層も重ねて鍛造されるダマスカス包丁が、耐久性に優れていることは当然のことです。

錆びにくいという特徴のほか、日常的に使用していても、刃こぼれしにくく丈夫なことも魅力のひとつ。ダマスカス包丁は見た目が美しいだけでなく、耐久性と強さも兼ね備えています。

家庭でおすすめのダマスカス包丁の種類

和食や洋食、中華などさまざまな料理があり、それぞれの調理ごとにいろんな種類の包丁が使われます。和食の調理では出刃包丁と菜切り包丁、刺身包丁は最低限必要です。洋食では牛刀やペティナイフ、中華料理ではもちろん中華包丁など、料理や切る食材によってあらゆる包丁を使い分けるもの。

しかし家庭で使用するときは、万能型の三徳包丁か牛刀のどちらか1本あれば、ほとんど間に合います。以下でこの2種類とほかのタイプの包丁について解説しますので、ダマスカス包丁を選ぶ際の参考にしてください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ