【作り置き】レモンが決め手!揚げずに簡単「鮭と長ねぎの南蛮漬け」

「鮭と長ねぎの南蛮漬け」のレシピと作り方を動画でご紹介します。鮭と長ねぎをこんがりと焼き、あつあつのうちにじゅわっと酢をかけたジューシーな南蛮漬け。酸味と甘みのバランスが絶妙で、レモンのさわやかな香りがさらに食欲をそそるひと品です!

20 分

材料(2〜3人分)

  • 生鮭3切れ
  • 長ねぎ2本
  • レモン1/3個
  • 塩こしょう少々
  • 片栗粉適量
  • サラダ油大さじ3杯
  • 南蛮酢
    • 砂糖大さじ2杯
    • 大さじ3杯
    • しょうゆ大さじ1杯
    • だし汁100cc(和風だしの素:小さじ1/3杯、水:100cc)
    • 赤唐辛子(輪切り)1本分

下ごしらえ

・長ねぎは4cmの長さに切ります。
・レモンは多めの塩(分量外)で揉むようにしながら表面をこすり、流水で塩を洗い流し、5mm幅にスライスします。

作り方

1

鮭はそれぞれ4等分に切り、両面に塩こしょうと片栗粉をまぶします。

2

鍋に南蛮酢の材料とレモンを入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら火からおろします。

3

フライパンにサラダ油を引いて中火で熱し、①の鮭と長ねぎを入れ、両面にしっかり焼き色を付けながら火を通します。

4

清潔な保存容器に③を入れて②の南蛮酢をかけ、粗熱を取って冷蔵庫で保管してください。※2〜3日を目安にお召し上がりください。お弁当に入れる際はレンジで温めて、粗熱を取ってから詰めてくださいね。

コツ・ポイント

外国産のレモンを使用する場合は、防カビ剤や農薬が付着している可能性がありますので、表面の皮を剥いてから使用するのがおすすめです。鮭と長ねぎは、フライパンで表面に焼き目を付けると香ばしく仕上がります。また、南蛮酢は加熱することで酸味が飛び、まろやかな味わいになりますよ。鮭と長ねぎは熱いうちに南蛮酢にひたして、しっかりと味を染み込ませてくださいね。
▼漬け込んでジューシー!「南蛮漬け」レシピはこちら

特集

SPECIAL CONTENTS