ライター : y_nakagawa

おいしい物、おいしいお店、便利なキッチンアイテム。グルメにまつわるいろいろをお届けします。

パスタマシンを選ぶ3つのポイント

1.電動or手動

「パスタマシン」には、電動と手動の2種類のタイプがあります。 電動タイプの良さは、手間をかけずに簡単に生パスタが作れること。一般的に、電動のものは値段が高いというイメージがありますが、家庭用のものであればだいたい1万円くらいでゲットすることが可能です。 その一方、手動タイプの良さは、自分自身でパスタを作る手応えが楽しめること。その分、手間がかかるので業務用には向かないかもしれませんが、一般家庭で食べる分だけ作るには十分活躍してくれるでしょう!

2.洗えるか否か

「パスタマシン」で気になるポイントは、部品などを水で洗うことができるかどうか。日本の夏は高温多湿なので、調理器具の衛生面は気になるところです。以前までの「パスタマシン」は水で洗えないものが多かったのですが、今では水洗いしてメンテナンスすることができるものが登場しています。 そのため、商品を選ぶ際には部品などが水で洗えるかどうかをチェックしておくことがおすすめ!

3.サイズ感

「パスタマシン」はそれなりのサイズ感があるので、キッチンの中で場所を取ってしまいがち。そのため、サイズ感をしっかりと把握しておくのは、とても重要なポイントです。また、日常的に使うものでもあるため、大きさだけでなく重さも大切!重すぎると使うのが面倒臭いし、軽すぎると安定感がでません。重さは2kg〜4kg程のものがおすすめです。

パスタ以外に「そば」「うどん」などの麺作りもできちゃう!?

基本的に「パスタマシン」は、ロングパスタを作るためのもの。中には、そばやうどんなどを作るときにも活躍してくれるものもあります。麺を茹でるお湯を沸かしている間に、おいしいそばやうどんの麺を作ることができちゃいます♪ ただ、すべての「パスタマシン」がほかの種類の麺作りに対応しているわけではありません。そのため、選ぶ際には注意が必要!ちゃんとカッターのサイズなどをチェックしてから購入しましょう。パスタだけでなく、いろいろな麺がつくれたら活躍の機会が一気に増えてくれそう♪

電動のおすすめパスタマシン5選

1. 【フィリップス】ヌードルメーカー HR2365/01

ITEM

ヌードルメーカー HR2365/01

¥16,800〜

フィリップス製のパスタマシン。本格的な生パスタが約10分でできるすぐれもの。キャップを交換することで、いろいろな形状の麺をつくることができます。麺のコシも調整可能。

※2020年6月1日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
本格的な生麺が10分くらいで作れちゃうパスタマシン。製麺キャップを取り替えることで、さまざまな形状の麺を簡単に作ることができる自動の製麺機です。最大容量は500gなので、一度に4人分くらいの麺の量を作れるのも一般家庭用として便利!お好みにあわせて麺のコシの調整をすることも可能です。後片付けも簡単♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS