ライター : kinako

料理やお菓子を作ること、食べることが大好きです。作り方のコツやポイントとともに、さらにおいしく味わえるよう、素材や料理の背景にもさり気なく触れられれば、と思っています。

「シッタカ」「バテイラ」?ニナ貝の本当の名前はどれ?

ニナ貝ってどんな貝?

みなさんニナ貝って知っていますか?ニナ貝は、赤みを帯びた小さな巻き貝です。大きさは5センチ前後で、底はくるくる巻いていますが、横から見ると三角形。 北海道南部から九州までの太平洋側に生息しており、個体数は異なるもののほぼ全国的に見ることができます。岩場の海藻などをエサとしているため、磯で見たことがある、という方も多いのではないでしょうか。 主な産地は千葉県、静岡県、大分県。磯の風味が強くコリコリした食感です。古くは庶民の味として親しまれていましたが、近年は採貝量が減っており、価格は高めとなっています。

地域で違う呼び名!「シッタカ」「サンカクミナ」「ビナ」など

多くの名前を持つことでも知られるニナ貝。ニナ貝のほか、シッタカ、ツベタカ、シリタカニイナ、ビナ、サンカクミナなど、数え切れないほどの呼び名を持っています。 関東での呼び名シッタカは、貝の尻である殻頂が高いことから尻が高いという意味。九州南部では、三角形の見た目と方言であるミナで、サンカクミナと呼ばれています。学名の 馬蹄螺(バテイラ)は、馬の蹄の形に似ているということからきています。

ニナ貝の旬の時期は?

ニナ貝をもっともおいしく食べられる時期は春から夏にかけて。4月頃から9月頃までとなっています。

ニナ貝の砂抜き方法

ニナ貝の砂抜きも、アサリなどと同じ方法です。貝を流水で洗ったあと海水に数時間漬ける。もしくは海水と同じ程度の3%の塩水を作って、数時間漬けて砂を吐かせます。 砂抜きをする際、網付の二重底になっている容器がおすすめ。二重底の容器にすることで、一度吐いた砂をまた吸い込むことを防げます。容器に入れる際、貝が重ならないように入れることもポイントです。 海水と貝を入れたら、暗くなるよう新聞紙などでフタをしましょう。ラップをかけてしまうと酸欠になってしまうので、くれぐれも注意を。気温などにもよりますが、静かな冷暗所で数時間おいておき、流水で洗って調理します。

ニナ貝の保存方法

特集

FEATURE CONTENTS