ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

野菜カレーのレシピ5選

野菜カレーはルーで食べるタイプとドライカレーのレシピをご紹介します。野菜のみのレシピもおいしいのですが、豆腐や高野豆腐を肉の代用としたものであれば食べごたえも出ますよ!

1. 野菜カレージャパン風

大きく切った京野菜をカレーのメイン具材にしています。万願寺唐辛子の赤とグリーンがとても美しく、印象的な盛り付けですね!カレーは市販のルーを使っていますが、リンゴではんなりとした甘み、練りごまでしっかりしたコクと風味が加わりますよ!別皿におにぎりを盛り付けて、カレーをつけながら食べてください。

2. 豆腐とすりおろし野菜のキーマ風カレー

こちらのカレーは肉の代わりに豆腐を使っています。ぽろぽろになった食感がミンチにも似ているので、ボリュームも結構ありますし、野菜はすりおろして使っているので野菜の甘みが感じられる優しい味になっています。

3. 野菜たっぷりヘルシー大根カレー

大根や牛蒡などの根菜がたっぷりと入った野菜カレーです。材料すべてを圧力鍋で煮込むので短時間ででき、タマネギなどのうま味もカレー全体にいきわたりますよ!また、大根の一部を大根おろしにすると、煮込みの水は不要です。大根からの水分だけで仕上げると、カレーの味も濃くなります。仕上げにオクラやトマトを焼いて混ぜ込むと色鮮やかに盛り付けられますね。

4. ベジタブルカレー

おろしたレンコンを丸めて焼いた「レンコン団子」で、お肉にも負けないうま味と食感が楽しめる野菜カレーです。通常のカレーを作る要領で複数種類の野菜を煮込んでいき、レンコン団子も加えたらルーで味を調えていきます。ケチャップやソースのほかコーヒーなど、隠し味もたくさん入っているので、深い味わいのカレーになりますよ!

5. 高野豆腐のドライカレー

たっぷりの野菜と高野豆腐で作るドライカレーです。高野豆腐とニンジンは、すりおろして使います。カレー粉の他に豆板醤で辛みを足しているので、ごはんとの相性も良く食べやすいドライカレーですよ!さらにガラムマサラで香りが加わりますので、本格的な仕上がりになります。ひき肉を使っていないのに、高野豆腐の効果で肉以上の満腹感を得ることができます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS