ライター : kinako

料理やお菓子を作ること、食べることが大好きです。作り方のコツやポイントとともに、さらにおいしく味わえるよう、素材や料理の背景にもさり気なく触れられれば、と思っています。

トマトジュースで作る。ポークシチューのレシピ

ポークシチューの中でもトマト味は人気がありますね。こちらは市販のビーフシチューのルーとトマトジュースを使ったレシピです。ビーフシチューだと重い味わいになりがちですが、豚肉を使ってトマトジュースの酸味が入っているので、さっぱりといただくことができますよ。

ポークシチューの人気アレンジレシピ5選

1. 圧力鍋でとろっとろ!豚バラ肉のシチュー

豚肉だと物足りないのでは、と思いがちですが、かたまり肉を使えば食べごたえもバッチリですよ。こちらは豚バラブロック肉を使い、圧力鍋でやわらかく煮て作っています。ブロッコリーといんげんはゆでておき、あとから添えればOK。圧力鍋を使えばかたまり肉もやわらかくなるし、時短で作れるので助かりますね。

2. トマト缶を使って。ポークとキャベツのトマトシチュー

ポークとキャベツのトマトシチューです。豚肉、キャベツのほかにもきのこやミックスビーンズも入って具だくさんですよ。具材を炒めてトマト缶や白ワインを加え、じっくりことこと煮込んでいます。デミグラスソースや市販のルーを使わなくても、素材の旨みがたっぷり味わえるひと品ですよ。

3. デミグラスソース缶で作る、豚こま肉とたっぷり野菜のポークシチュー

市販のデミグラスソース缶を使った、豚肉とたっぷり野菜のポークシチューです。お値打ちな豚こま肉を使っていますが、小麦粉をまぶして炒めてから煮込んでいます。赤ワインやケチャップ、中濃ソースを使って、味に深みを出していますよ。具材を炒めたらあとは煮るだけなので、お手軽に作れます。

14. ホワイトソースから作る、豚肉のクリームシチュー

クリームシチューというと鶏肉を使うのが一般的ですが、豚肉を使っても作れますよ。こちらは豚の薄切り肉を使っていて、ホワイトソースは小麦粉から炒めて作っています。ホワイトソースができたら冷まさずに根菜や炒めた具材と合わせれば、ダマにならずなめらかに仕上がりますよ。

5. 煮込む時間を短縮!豚こま団子のトマトポークシチュー

こちらは豚こま団子のトマトポークシチューです。かたまり肉を使うと煮込む時間がかかってしまいますが、豚こま肉で団子にしているので時間が短縮できますよ。食べごたえがあって満足感も充分。トマトの酸味を活かすため、ほかの調味料は控えめにしましょう!

特集

FEATURE CONTENTS